お金をかけずに美肌になる方法12選!0円でキレイな肌になろう♡

お金をかけずに美肌になる方法12選!0円でキレイな肌になろう♡

目次開く

「お金をかけずに美肌になりたい!」「美肌になるにはどうすればいい?」

高価な化粧品を使わなくても、生活習慣やスキンケア方法を変えるだけで、美肌を目指すことができますよ。

この記事では、お金をかけずに美肌になる方法をいくつか紹介するので、ぜひ参考にしてください。

お金をかけずに美肌になる方法

お金をかけずに美肌になる方法12選

それではさっそく、お金をかけずに美肌になる方法を紹介していきます。

顔を洗うときのお湯は32度前後

顔を洗うときのお湯は32度前後

洗顔時に使うお湯の温度は、32度前後のぬるま湯がおすすめ。

32度は、肌表面にある皮脂の温度とちょうど同じくらいだと言われています。

これよりも熱いお湯で顔を洗うと、うるおいを守るために必要な皮脂まで洗い流してまい、乾燥しやすくなります。

冷たすぎる水で洗顔をしている人は、血液の流れが悪くなって老廃物がたまりやすくなってしまうので、少し温度を上げてみて。

白湯を飲む

白湯を飲む

美肌になりたいなら、毎日朝晩2回のペースで白湯を飲むのがおすすめ。

白湯には、体を温めて、全身の血流を促進する効果があります。

血行が良くなると老廃物が排出されやすくなるので、肌のターンオーバーの周期が整い、肌トラブルの改善にも良い効果が期待できます。

部屋の湿度を適切に保つ

部屋の湿度を適切に保つ

部屋の湿度は、高すぎても低すぎても乾燥の原因に。

美肌のためには、60~65%の湿度がちょうど良いと言われていますよ。

湿度計は100均でも買えるので、部屋に置いておくと◎

湿度が低くて乾燥しがちな冬は、濡らしたタオルをハンガーにかけておくといいかも。

洗顔の後はティッシュで顔を拭く

洗顔の後はティッシュで顔を拭く

洗顔の後は、タオルではなくティッシュで水分を拭き取るのがおすすめ。

肌が敏感な人は、タオルの繊維やタオルの表面に残っている洗剤、柔軟剤の成分によって肌荒れを引き起こしてしまう可能性も。

清潔で肌あたりが柔らかいティッシュなら、肌に刺激が少ないですよ。

洗顔後は最低20回すすぐ

洗顔後は最低20回すすぐ

洗顔料が肌に残ったままだと、肌荒れの原因になることも。

美肌を目指すなら、洗顔後は最低でも20回を目安にすすぎましょう。

時間にすると1分くらいです。

良質な睡眠をしっかりとる

良質な睡眠をしっかりとる

睡眠不足はお肌の大敵です。
もちろん、睡眠時間だけではなく、睡眠の質を重視することも大切。

美肌を保つために欠かせない成長ホルモンは、入眠後3〜4時間の間に分泌されやすいので、その間にぐっすり眠ることが重要。

寝る前にスマホを触るなど、睡眠の質が下がるような習慣はやめて、睡眠の質を高めることを意識してみてください。

毎日湯船に浸かる

毎日湯船に浸かる

毎日の入浴をシャワーだけで済ませちゃうという人も多いでしょう。

しかし、美肌になりたいなら、毎日湯船に浸かるのがおすすめ。

ぬるま湯程度のお湯で半身浴をすると、全身の血流が促進され、老廃物が排出されやすくなります。

リラックス効果もあり、美肌にとっていいことばかりです。

適度に運動する

適度に運動する

意外に思うかもしれませんが、運動不足が肌トラブルの原因になることもあります。

美肌になるには、生活の中に適度な運動を取り入れるのがポイント。

心が沈んでいると、血行不良になり、肌トラブルを引き起こしやすい状態になってしまいます。

だからこそ、メンタルの状態を整えるために適度に運動をして、美肌を作りやすい環境を作っておくことが大切です。

洗顔後スキンケアは5分以内に

洗顔後スキンケアは5分以内に

洗顔後の肌をそのままにしておくと、乾燥が加速します。
洗顔後は、できるだけ早く肌を保湿しましょう。

遅くとも、洗顔後5分以内にはスキンケアを開始することを意識してみて。

【調査結果】高校生に人気の化粧水ランキング!おすすめのスキンケアブランドは?

食事でビタミンを摂取

食事でビタミンを摂取

ビタミンは、美肌のために欠かせない栄養素です。

美肌を目指すなら、キノコや野菜、果物など、ビタミンが豊富に含まれた食材を積極的にとるようにしましょう。

スキンケア前に蒸しタオルを使う

スキンケア前に蒸しタオルを使う

スキンケア前に蒸しタオルで肌を温めてあげると、スキンケアの浸透力がアップします。

やり方はとても簡単。600Wで約30秒〜1分温めた蒸しタオルを、顔に乗せて1分ほど待つだけ。

顔を温めることで皮膚の温度が上がり、スキンケアのなじみが良くなりますよ。

ホットタオルの簡単な作り方!冷めないコツや注意点、スキンケアのポイントも解説

お水コットンパックでスペシャルケア

お水コットンパックでスペシャルケア

わざわざシートマスクを買わなくても、いつも使っている化粧水とお水をコットンに含ませてパックすれば、スペシャルケアができちゃいます。

おすすめは、朝のスキンケア前のタイミング。3分ほどパックすれば、お肌がしっとり整いますよ。

みんなの肌のお悩みQ&A

みんなの肌のお悩みQ&A

ここからは、質問箱に届いたみんなの肌のお悩みについて、Q&A形式でお答えしていきます。

Q「ニキビ跡が治りません」

  • 読者さん
  • ニキビ跡が治りません

ニキビ跡の原因は、肌の炎症と色素沈着です。

早く治したいなら、メラニンの生成を防ぐための紫外線対策と、ターンオーバーを促すスキンケアを続けることが大切。

また、美白に良いと言われるビタミンCや、ターンオーバーを促進してくれるビタミンEなどの栄養素をを積極的に摂取するのもおすすめ。

高校生のニキビ跡はどうすればいい?おすすめスキンケアを紹介

Q「そばかすが気になる」

  • 読者さん
  • そばかすが気になる

そばかすは、5〜6歳ごろからでき始め、思春期の頃にもっとも濃くなります。

遺伝性の原因が大きく、成長とともに自然に薄くなることも多いですが、綺麗に消したいなら皮膚科などで処置してもらうしかありません。

とはいえ、これ以上増えないように紫外線対策などを徹底したり、メイクでカバーしたりと、お金をかけずにできる対策もありますよ。

Q「肌を白くする方法が知りたい」

  • 読者さん
  • 肌を白くする方法が知りたい

残念ながら、一度黒くなった肌をすぐに白くすることは難しいです。

紫外線を浴びると、肌の奥にあるメラノサイトという細胞が、肌を守るために、メラニンという黒い色素を作り出します。

メラニンが増え、肌全体に広がると、肌が黒くなってしまうのです。

作られたメラニンは、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)で排出するしかありません。
しかし、健康的な肌でもターンオーバーの周期は約6週間。日焼けした肌の色を戻すには、長い期間が必要なんです。

ターンオーバーの周期が乱れてしまうと、メラニンの排出にさらに時間がかかってしまいます。
まずは適切なスキンケアと規則正しい生活を心がけ、ターンオーバーの周期を整えることが大切です。

Q「保湿しても肌がカサカサする」

  • 読者さん
  • 保湿しても肌がカサカサする

スキンケアで保湿しても白く浮き出てくるような乾燥肌は、内側からもケアしてあげることが大切

こまめな水分補給を心がけたり、肌の健康を保つために欠かせないビタミンB2やB6、皮脂の材料になる必須脂肪酸を意識的に摂取するなど、バランスの良い食事を心がけたりすることで、少しずつ改善することができるでしょう。

また、部屋の湿度を60~65%程度に保つことも忘れずに。

お金をかけず1週間で肌をきれいにする方法

お金をかけず1週間で肌をきれいにする方法とは?

1週間で肌をきれいにしたいなら、以下の7つのポイントを心がけましょう。

  1. 洗顔はぬるま湯で
  2. タオルではなくティッシュで顔を拭く
  3. 1日2回、朝と晩に白湯を飲む
  4. 良質な睡眠をしっかり取る
  5. 毎日ぬるま湯の湯船に浸かる
  6. スキンケアは洗顔後5分以内に
  7. 栄養バランスのとれた食事心がける

美肌になるためには、スキンケアで外側からケアだけでは不十分。

睡眠の質を高めたり、食事のバランスを整えたりといった、内側からのケアも大切です。

美肌になるには毎日の習慣が大切!お金をかけずに美肌を目指そう

美肌になるには毎日の習慣が大切!お金をかけずに美肌を目指そう

お金をかけなくても、毎日の生活習慣を改善することで美肌を目指すことが出来ます。

美肌になるには、いつものスキンケアにプラスして、毎日の過ごし方にも気をつけてみてくださいね。

美肌になるには?基本のスキンケアや肌に良い食べ物を詳しく紹介!