高校生のニキビ跡はどうすればいい?おすすめスキンケアを紹介

高校生のニキビ跡はどうすればいい?おすすめスキンケアを紹介

目次開く

高校生は皮脂の分泌が多いため、ニキビのできやすい年ごろです。
綺麗に治ってくれたら良いですが、ニキビ跡ができることも少なくありません。顔にニキビ跡ができたら、落ち込みますよね。

今回は、ニキビ跡に悩む高校生向けに、ニキビ跡ができる原因やケア、予防方法を紹介していきます。
ニキビ跡を作らないために、チェックしてみてください。

高校生必見!ニキビ跡ができる原因ってなに?

高校生必見!ニキビ跡ができる原因ってなに?

まずはニキビ跡ができる原因を確認しましょう。
高校生のうちからニキビ跡を作らないように気をつけていると、大人になっても綺麗な肌でいられますよ。

ニキビを潰す

ニキビができたとき、指や爪で潰してしまうとニキビ跡になってしまうことも。

手で顔に触れているときニキビがあると、ついつい無意識に潰してしまう高校生も多いでしょう。
ですが、指や爪でニキビを潰した場合、雑菌が入って炎症がひどくなったり、クレーター状の跡になったりします。

クレーター状のニキビ跡は、自然と治ることはなく、病院で診察を受けるのがおすすめです。

ニキビを綺麗に治すには、潰さないように気をつけましょう。

放置した

ニキビは放置していても、すぐに治ることはありません。逆に治りにくくなるため、適切な対処が必要です。

もしニキビを放置した場合、炎症がひどくなってクレーター状のニキビ跡になることも。

ニキビは触らないほうが良いと思って何もしない高校生もいるかもしれませんが、ケアはしましょう。

炎症が残っている

ニキビの炎症が残っていると、赤みのあるニキビ跡になります。これは炎症後紅斑とも呼ばれていて、毛穴に炎症や化膿が起こっている状態です。

赤いニキビ跡は肌のターンオーバーによって2〜3ヶ月ほどで自然と治ることが多いですが個人差があり、半年〜1年ほど残ることもあります。
なかなか赤いニキビ跡が消えなくても、こすったり爪で押したりしないようにしましょう。

色素沈着

肌がニキビの炎症によって強いダメージを受けると、メラニンが大量に分泌されて色素沈着を起こすことがあります。

ニキビ跡が色素沈した場合も、肌のターンオーバーにより、徐々に薄くなっていきます。
ですが、重症化すると茶色いシミとして残るケースもあり、治るのが難しくなることも。

【高校生向け】ニキビ跡の治し方

【高校生向け】ニキビ跡の治し方

ここからはニキビ跡ができてしまった高校生向けに、ケア方法を紹介します。

ニキビ跡は一瞬で消えるものではありません。時間をかけてケアし、少しずつニキビ跡を治していきましょう。

保湿する

肌が乾燥するとバリア機能が低下し、炎症の治りが遅れる原因となるため保湿が重要です。肌の乾燥はターンオーバーの乱れにも繋がります。

細胞の入れ替わりであるターンオーバーが乱れると肌の回復が遅れるため、ニキビ跡も治りづらくなるのです。

洗顔後は化粧水や乳液でしっかりうるおいを与えて、肌が乾燥しないように気をつけましょう。

角質ケアをする

角質ケアは、古い角質を除去するため、ターンオーバーが乱れてなかなかニキビ跡が治らないときに行うと良いでしょう。

ただし、刺激の強いピーリングや粒の粗いスクラブによる角質ケアは、肌を傷つける可能性があるため注意。
本来なら自然に剥がれ落ちるはずの古い角質をピーリングやスクラブで除去するので、まだ落とさなくていい角質まで除去してしまう可能性があるのです。

角質ケアをするときは、サリチル酸といったピーリング成分が配合された洗顔料やクレンジングを使い、肌を傷つけないように優しく行いましょう。

ビタミンをとる

ビタミンにはさまざまな種類がありますが、ニキビ跡に効果が期待されるものもあります。

たとえば、ビタミンB2は皮脂の過剰分泌を抑える効果、ビタミンB6にはメラニン生成を引き起こすチロシナーゼの活性化を抑える効果、ビタミンCはメラニンの合成を抑制する効果が期待できます。

ビタミンB2はレバーや卵、乳製品などに、ビタミンB6はにんにくやゴマ、ドライバナナなどに含まれます。
ビタミンCはレモンのイメージが強いかもしれませんが、実は赤や黄のピーマン、いちご、キャベツなどにも含まれているんですよ。

刺激を与えない

肌への刺激は、バリア機能を低下させる原因となり、ニキビ跡が治りにくくなることもあります。

無意識に顔を触ってしまったり、マスクをつけているときに当たっていたりするとそれが刺激となり、知らないうちにニキビ跡の治りに影響がでていることも。

マスクをつける場合はニキビ跡に触れないようにしたり、いくら気になっても指で引っ掻いたりしないようにすると良いですよ。

自力で治そうとしない

ニキビ跡がなかなか治らないときや、炎症がひどいときは、自力で治そうとせず皮膚科を受診しましょう。

ニキビ跡は自然に治るものもあり、ついつい放置してしまいがちですが、状態が悪いときは適切な治療が必要な場合があります。

ろくにケアをしなかったり、誤った方法で治そうとしたりすると、ニキビ跡が悪化する可能性もあるため、ニキビ跡がいつまでも消えない、状態がひどいというときは病院へ行ってくださいね。

高校生のニキビ跡におすすめの化粧水10選

高校生のニキビ跡におすすめの化粧水10選

ここからは高校生におすすめの、ニキビ跡ケアの化粧水を紹介していきます。

化粧水で保湿することによってニキビ跡のケアにつながるだけでなく、ニキビ予防にもなります。
ドラッグストアで買える市販の化粧水も紹介しているので、気になる商品があれば近くのお店に売っていないかチェックしてみてください。

アクネケア化粧水/FANCL(ファンケル)

ファンケルの「アクネケア化粧水」は、荒れてゴワついた肌にもさらりとなじむ、薬用化粧水です。

肌にうるおいを与え、バリア機能を整えてくれるため、ニキビ跡のケアにもぴったりです。
繰り返すニキビに悩む高校生にも、おすすめの商品となっています。

エッセンスローション/オルビスユー

オルビスユーは本来備わっているうるおい機能を高め、ゆらぎのない肌へ導くことをコンセプトにしているブランドです。

そんなオルビスユーから出ている「エッセンスローション」は、とろっとした濃厚な化粧水で、うるおい成分が肌本来のうるおいにアプローチし、ハリを与えます。
さらに、肌荒れ防止有効成分のDF-パンテノールを配合しているため、乾燥にゆらがない肌へと導いてくれます。

ニキビ跡のケアにはもちろん、肌の乾燥が気になる高校生もチェックしてみてくださいね。

クレイローション/b.glen(ビーグレン)

b.glenの「クレイローション」はニキビケアや肌荒れ予防におすすめの薬用化粧水です。

肌荒れ防止有効成分として知られるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されており、ニキビや肌荒れを防ぎながら、天然クレイでうるおいを保って乾燥から肌を守ります。

ニキビや肌荒れで悩んでいる高校生は試してみてはいかがでしょうか。

化粧水 スキンケア 保湿 ビーグレン b.glen クレイローション 120ml 医薬部外品 2個セット

薬用ローション/IHADA(イハダ)

IHADAの「薬用ローション」は乾燥による肌トラブルを予防する薬用化粧水です。

不純物を取り除いた高精製ワセリンが肌にうるおいを与えて、乾燥などの外部刺激から肌を守ります。
さらに、グリチルリチン酸ジカリウムとアラントイン、2つの肌荒れ有効成分が肌トラブルを予防。ニキビ跡ケアにもなります。

低刺激設計なのも薬用ローションの特徴のひとつ。敏感肌の高校生は自分の肌に合うかテストして、使っていきましょう。

潤浸保湿 化粧水 Ⅲとてもしっとり/キュレル

キュレルの「潤浸保湿 化粧水 Ⅲとてもしっとり」は、うるおい成分であるユーカリエキスを配合、しっとりとしたうるおいのある肌を保ってくれます。

アラントインも配合されており、肌荒れをも防いでくれるため、ニキビや乾燥に悩む高校生におすすめです。
「Ⅲとてもしっとり」のほかに、「Ⅰややしっとり」「Ⅱしっとり」もあり、好みのテクスチャを見つけましょう。

created by Rinker
¥1,899 (2024/05/28 11:37:46時点 楽天市場調べ-詳細)

花王 キュレル 潤浸保湿 フェイスケア 化粧水1 ややしっとり 150ML (医薬部外品)

化粧水 敏感肌用 しっとりタイプ/無印良品

無印良品が販売している「化粧水 敏感肌用 しっとりタイプ」は、低刺激性の化粧水です。

岩手県釜石の天然水を使用し、グレープフルーツ種子エキスやグリセリンといった保湿成分も配合されているため、肌にみずみずしいうるおいを与えてくれます。

季節の変わり目に肌トラブルが出やすかったり、化粧水の刺激が気になったりする高校生は、チェックしてみてくださいね。

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水/ロート製薬

ロート製薬の「メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水」には、シミやニキビ跡を予防が期待できるビタミンC誘導体が配合されています。

ビタミンC誘導体が角質層の奥深くまで浸透し、メラニンの生成を抑えてくれるため、色素沈着ができるのが心配な高校生にもおすすめです。
さわやかな柑橘系の香りも魅力の一つです。

保湿化粧水 とてもしっとりタイプ/ちふれ

ちふれの「保湿化粧水 とてもしっとりタイプ」は、とろりとしたなめらかな感触が特徴の化粧水です。

保湿成分であるトレハロースとヒアルロン酸が配合されており、肌にうるおいを与え、しっかり保湿してくれます。
乾燥が気になる高校生におすすめのプチプラ化粧水で、ドラッグストアでも手に入りますよ。

アクアローション/AQUALABEL(アクアレーベル)

AQUALABELの「アクアローション」は長時間、肌を保湿したい高校生におすすめの化粧水です。
さらっとした感触の化粧水が肌の角層まで浸透し、乾燥などの肌トラブルから守ってくれます。

みずみずしいテクスチャーですが、肌はしっかり保湿してくれる商品となっているので、べたつく感触が苦手な高校生は手に取ってみてくださいね。

資生堂 アクアレーベル アクアローション さっぱりタイプ 220ml 【メール便(ゆうパケット)対象外】

ハトムギ化粧水/naturie(ナチュリエ)

naturieの「ハトムギ化粧水」は浸透力に優れており、肌にたっぷりと水分補給できます。

肌荒れの予防に効果が期待できるグリチルリチン酸2Kが配合されており、ニキビケアにもぴったりの化粧水です。

市販の化粧水のなかでも手ごろな値段のため、気軽にたくさん使えます。

このほかにも高校生におすすめのニキビ用化粧水があるので、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

高校生におすすめニキビ用化粧水16選!ケア方法も解説

ニキビ跡ができるのを防ぐ方法

ニキビ跡ができるのを防ぐ方法

ニキビ跡は治りづらく、場合によっては1年以上経っても消えないこともあります。

ニキビ跡を作らないためには、まずニキビを予防し、できた場合もきちんとケアするのが重要です。

ここでは、ニキビ跡ができるのを防ぐためのケア方法を紹介します。

きちんと洗顔する

洗顔は1日2回が良いと言われています。
高校生のニキビができる原因の一つに皮脂の過剰分泌がありますが、朝晩に洗顔することで皮脂汚れを落とせます。

皮脂汚れは水では落ちにくく、熱いお湯で洗うと肌への刺激や乾燥の原因となるため、きちんと洗顔料を使って顔を洗うようにしましょう。

洗顔料を使う場合は、しっかり泡立てて、肌をこすらないように泡で優しく洗う方法がおすすめ。すすぐときはぬるま湯を使い、泡が残らないように気をつけましょう。

タオルで顔を拭くときも、ゴシゴシとこすらないように注意してください。

ニキビ肌の高校生におすすめの洗顔料は、以下の記事で紹介しているので、あわせてチェックしてみましょう。

【高校生向け】ニキビ洗顔料のおすすめ21選!モデルが使ってる人気アイテム&選び方も解説

しっかり保湿する

肌が乾燥していると水分と油分のバランスが乱れ、バリア機能の低下に繋がります。
バリア機能が低下しているとニキビができやすいため、肌にはうるおいを持たせることが大切です。

洗顔後のスキンケアはすぐに行い、化粧水をつけたら乳液やクリームで肌にフタをしましょう。
こうすることで、化粧水が蒸発せず乾燥を防ぐことができます。

よく寝る

実は睡眠不足もニキビができる原因の一つと言われており、睡眠時間が足りないとターンオーバーが乱れて皮脂が毛穴に詰まってしまうこともあります。

肌のターンオーバーが乱れると、ニキビ跡にも良くありません。
眠りについてから3〜4時間はターンオーバーが活発になるゴールデンタイムです。
22時ごろには寝る準備を始め、しっかり睡眠時間をとれるようにしましょう。

ストレスをためない

ニキビができる原因には、ストレスも含まれます。ストレスを受けるとホルモンバランスが乱れ、ニキビの原因となる皮脂が大量に分泌されるのです。

ストレスをなくすことは難しいかもしれませんが、趣味を楽しんだり、体を動かしたりと、ストレス発散方法を持っておいて気持ちをコントロールしていきましょう。
ストレスのもとから離れるのも手ですよ。

肌に刺激を与えない

肌への刺激はニキビの発生につながります。
いつも頬づえをついている部分や、前髪がチクチク当たっている部分にばかりニキビができるということも珍しくありません。
肌には極力触れず、刺激を与えないように心がけましょう。

また、マスクによる摩擦も、肌への刺激になります。
マスクをつけなくて良い場所では外して過ごすなどして、うまく肌への刺激を減らしていきましょう。

食生活を見直す

揚げ物や甘いお菓子を食べすぎると、ニキビができやすくなります。
油っこい食べ物や甘い食べ物には脂質や糖質が多く含まれているため、皮脂を大量に分泌させてしまう可能性があるからです。

ファストフードやスイーツを頻繁に食べるなど食生活が荒れている高校生は、一切食べないようにするのもストレスになるので、食べる回数や量を減らすようにしてみてください。

また、ニキビ予防に良いビタミンやタンパク質を積極的にとるようにしましょう。

紫外線対策も

紫外線を浴びると肌の水分が蒸発し、肌の乾燥につながります。
肌が乾燥するとバリア機能が低下するため、結果としてニキビができやすい状態となってしまうのです。

紫外線を予防するためにも、外出するときには日焼け止めをしっかり塗るようにしましょう。日差しが強い日には、帽子や日傘の使用も効果的ですよ。

紫外線対策は以下の日焼け防止対策の記事も参考にしてみてください。

絶対日焼けしない方法5選!顔や腕などパーツ別の対策すすめケアアイテムも紹介

高校生のニキビ跡は、まずは予防から!

高校生は皮脂の分泌が多いため、ニキビができやすいです。顔にニキビができたら気になってつい触ってしまうかもしれませんが、それが跡になることも。

ニキビ跡になったら治るまで時間がかかり、場合によっては病院に行くことになるかもしれません。
まずはニキビ予防をし、ニキビができたあとも触らない、潰さないなど適切な対処をして跡が残らないようにしましょう。

ニキビ跡ができた場合でも、きちんと対処すれば治る可能性も高くなるので、慌てずしっかりケアしていってくださいね。
もしも炎症やニキビ跡が目立つ場合は、無理に自力で治そうとせず病院を頼ることも大切ですよ。

ニキビ跡を隠したいときはこちらの記事も参考にしてみてください。

ニキビを上手に隠すメイクテク♡おすすめコンシーラー&緊急で対処する方法も!