【調査結果】高校生に人気の化粧水ランキング!おすすめのスキンケアブランドは?

【調査結果】高校生に人気の化粧水ランキング!おすすめのスキンケアブランドは?

目次開く

高校生のスキンケアの基本は、化粧水です。ニキビや肌のカさつきなど、肌トラブルが起こりやすい高校生の時期は、肌に合う化粧水選びが難しいですよね。

この記事では、Popteen(ポップティーン)が10代を対象に実施したアンケート調査をもとに、高校生人気の化粧水ランキングを紹介していきます。

スキンケアが大好きで、「どんな化粧水が人気なのか気になる」という人はもちろん、これまでスキンケアに興味がなかったという人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

高校生にスキンケアは必要?

勉強や部活、遊びに忙しい高校生のスキンケアは、簡単に済ませたいですよね。

「まだ若いし、スキンケアなんて要らないのでは?」と思っている人もいるかも。

スキンケアを始めるべきタイミングには個人差があるので、一概に「何歳から始めるべき!」ということはできません。

ですが一般的には、15〜18歳ごろからスキンケアを始める人が多いようですよ。

 

以下のような肌の不調が気になり始めたら、「スキンケアの始めどき」と考えるのが良いでしょう。

ニキビ、おでこや鼻のテカリが気になる高校生も多いのでは?

気になる肌トラブルがあるのに「まだ高校生だからスキンケアは要らない」と思って放置していると、肌の状態が悪化してしまうかもしれません。

 

肌の不調が気になり始めたら、毎日のスキンケアを始めてみましょう。

実際に高校生が行ってるスキンケアは?

Popteen(ポップティーン)が行ったアンケート調査では、「スキンケアで使ってるモノを教えて!」という質問に回答していただきました。
複数選択式なので、以下の項目全部にチェックを入れている人もいますが、毎日のスキンケアでは、ほとんどの高校生が洗顔と化粧水を使っているようです。

高校生のスキンケアの傾向としては、「洗顔と化粧水をしている人」「洗顔のみ」「化粧水のみ」という人が多かったです。

また、以下はどの組み合わせが多いかのランキングです。

「洗顔のみ」と答えた人の数よりも、「洗顔・化粧水・ 乳液・クレンジング」の4点を使っているという人が多いという結果になりました。

メイクをした後は、必ずクレンジングを使ってしっかりと落としてあげましょう。

メイクのりを良くする為にも、スキンケアにも力を入れるといいですよ。

高校生が化粧水を選ぶポイントは?

高校生が化粧水を選ぶポイントは?

高校生が化粧水を選ぶ際には、どのようなポイントを意識すれば良いのでしょうか。
あれもこれもこだわっていると、何を買えば良いかわからなくなってしまうので、まずは以下の3つをチェックするようにしましょう。

  • 肌悩みに合っているタイプか
  • 肌に刺激となる成分が配合されていないか
  • 続けやすい価格か

ニキビに悩んでいるならニキビケアに適した化粧水がいいですし、乾燥に悩んでいるなら保湿成分がしっかり配合されているタイプがおすすめです。

また、化粧水は直接肌に塗るものなので、できるだけ刺激が少ないものを選ぶのもポイント。

もちろん、使い続けられなければ意味がないので、使い続けやすい価格やコスパもチェックしてみてくださいね。

高校生はどの化粧水を使ってる?スキンケアブランド人気TOP3

続いては、ポップティーンが行ったアンケート調査をもとに、高校生に人気のスキンケアブランドを紹介します。

1位と3位は、ドラッグストアで手軽に買えるプチプラの化粧品ブランドです。
2位の無印良品は、言わずと知れた人気店ですよね。

それでは、それぞれのブランドを詳しく紹介していきましょう。

1位|ロート製薬(肌ラボ・メラノCC)

ロート製薬は、大阪市に本社を構える製薬企業。

目薬や市販の内服薬なんかも展開していますが、女子高校生にはスキンケアが大人気です。

ロート製薬はスキンケアのブランドも複数展開していて、高校生は特に「肌ラボ」や「メラノCC」などを使っているようです。

メラノCC

ロートCCのスキンケアブランドのなかでも、高校生にとくに人気なのが、「メラノCC」です。
メラノCCの化粧水・乳液には、以下の2つの有効成分が配合されています。

  • ビタミンC誘導体(しみ・そばかすを防ぐ)
  • グリチルリチン酸ジカリウム(ニキビや肌荒れを予防する抗炎症成分)

部活などで紫外線にさらされる機会も多い高校生にとって、しみやそばかす対策は必須。
そのうえ、ニキビケアも同時にできるなんて、嬉しいですよね。

created by Rinker
¥990 (2024/02/20 21:28:20時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,180 (2024/02/20 18:30:57時点 楽天市場調べ-詳細)

白潤

肌ラボ「白潤」は美白ケアとニキビケアが同時にできるスキンケアアイテムを展開するブランドです。
白潤の化粧水・乳液には、以下の成分が配合されています。

  • トラネキサム酸(紫外線によるしみ・そばかすを防ぐ有効成分)
  • ナノ化ヒアルロン酸(うるおい成分)
  • 高分子ヒアルロン酸(うるおい成分)
  • ビタミンC誘導体(整肌保湿成分)
  • ビタミンE(整肌保湿成分)
  • ハトムギエキス(整肌保湿成分)
  • ハトムギ発酵液(整肌保湿成分)

ベタつかない、サラッとしたテクスチャーで、使いやすいのも人気のポイント。

スキンアクア

スキンアクアは、ロート製薬が展開する日焼け止めのブランド。
スキンケア感覚で使えるエッセンスタイプもあるので、「日焼け止めつきの化粧水」という感覚で使っている高校生もいるみたい。

紫外線をしっかりガードしてくれるだけでなく、無香料、無着色で鉱物油フリー、パラベンフリーと肌に優しいのも嬉しいポイント。

スキンアクア スーパーモイスチャーミルクピンク 40ml 日焼け止め 無香料 乳液 顔 からだ

極潤

肌ラボ極潤は、うるおい成分の「ヒアルロン酸」をこだわって配合した保湿重視のスキンケアシリーズ。
極潤シリーズのスキンケアアイテムには、以下の4つのヒアルロン酸が配合されています。

  • 乳酸発酵ヒアルロン酸
  • ヒアルロン酸
  • スーパーヒアルロン酸
  • ナノ化ヒアルロン酸

とにかく保湿重視なので、乾燥肌にお悩みの高校生におすすめ。
さらに、無香料・無着色で、エタノール・パラベン・オイルは配合されていないので、敏感肌の方も安心して使用することができますよ。

2位|無印良品

高校生に人気のスキンケアブランド、第2位は無印良品です。

無印良品には、「自然の力で、ここまでできる」をコンセプトに開発された、天然由来成分100%のスキンケアアイテムが多数展開されています。

たとえば、高校生から大人まで、年齢を問わず使える人気の「敏感肌用シリーズ」には、天然由来成分100%で、天然水をベースに作られたスキンケアアイテムが揃っているのが特徴です。

大容量なので、コスパを重視する高校生にもおすすめ。

敏感肌用化粧水 しっとりタイプ 200ml 無印良品 化粧水 無印 コスメ 化粧品 化粧水 保湿 日本製 正規品 MUJI 潤い スキンケア 天然水 敏感肌 美容 乾燥対策 あす楽 翌日配送

3位|naturie(ナチュリエ)

3位にランクインしたnaturie(ナチュリエ)は、ドラッグストアで購入できる人気のプチプラスキンケアブランド。

ブランドを代表するアイテムが、天然のハトムギエキスを配合した「ハトムギ化粧水」です。大容量で、保湿アイテムとしてだけなく、拭き取り用化粧水としても大活躍してくれます。

無香料、無着色でアルコールフリー、ノンコメドジェニックテスト済なので、敏感肌の方でも安心して使用することができるでしょう。

同シリーズのハトムギジェルと合わせて使っている高校生も多いみたい。

高校生におすすめの化粧水15選

高校生におすすめの化粧水15選

高校生人気ランキングTOP3以外にも、アンケートで人気だったおすすめの化粧水はたくさんあります。

続いては、ランキングで紹介しきれなかった高校生に人気の化粧水を紹介していきますね。

オードムーゲ/薬用ローションふきとり化粧水

小林製薬が展開するニキビケアブランド、オードムーゲのふきとり化粧水は、ニキビに悩む高校生に大人気のアイテム。

発売から60年以上が経つロングセラー商品で、殺菌成分配合で、毛穴の根元まで殺菌し、しっかりニキビを防いでくれます。

created by Rinker
¥1,370 (2024/02/20 19:05:52時点 楽天市場調べ-詳細)

IPSA(イプサ/ザ・タイムRアクア)

IPSA(イプサ)は、資生堂の子会社が運営する化粧品ブランド。

いわゆるデパコスなので、お値段は少し高めですが、化粧水は年代を問わず人気のブランドを代表するアイテムとして知られています。

イプサ独自の保湿成分「アクアプレゼンターIII」が配合されており、肌表面にうるおい成分を留まらせてくれる人工的な「水の層」を作ってくれるのがポイント。

雪肌精/薬用 雪肌精

真っ青なパッケージが印象的な雪肌精は、株式会社KOSE(コーセー)が運営するスキンケアブランド。

ドラッグストアなどで購入できるブランドではありますが、お値段は少し高め。

人気の「薬用 雪肌精」は、和漢植物や小麦胚芽油が配合された、保湿力の高い化粧水です。

カサついた肌のキメを整えて、くすんだ印象を取り除いてくれます。

肌に優しい弱酸性ベースなのも、嬉しいポイントです。

なめらか本舗/豆乳イソフラボン化粧水

なめらか本舗は、豆乳を使ったスキンケアアイテムを多数展開しているブランドです。

高校生からの人気が高かったのが、プチプラで購入できる「豆乳イソフラボン化粧水」。

好みのテクスチャーに合わせて、ノーマル・しっとり・とてもしっとりの3種類から選ぶことができます。

高純度豆乳イソフラボンと豆乳発酵液をダブルで配合し、ふっくらとした肌に整えてくれる化粧水です。

アレルギー試験済みで、無香料・無着色・無鉱物油と肌に優しいのも嬉しいですね。

LuLuLun(ルルルン)/ハイドラ V マスク

LuLuLun(ルルルン)は、高校生にも人気のフェイスマスクブランド。

たくさんの種類のフェイスマスクを展開しているので、どれを選べば良いか迷ってしまうかも。

なかでも人気があるのは、「ルルルン ハイドラ V マスク」。

7種類のビタミンと7種類のハーブが配合されたフェイスマスクで、毛穴の目立たないうるおいたっぷりの肌に導いてくれます。

日常でデイリー使いするのも良いですが、基本的には特別なケアにおすすめのアイテムです。

Curel(キュレル)/キュレル潤浸保湿化粧水

キュレルは、花王が展開する乾燥性敏感肌向けのブランドです。

なかでも人気の「潤浸保湿 フェイスケア」シリーズは、肌のうるおいを守るための成分「セラミド」の働きを守り、肌のバリア機能を助けてくれる働きが期待できます。

敏感肌向けの商品なので、肌に優しい処方なのも注目のポイント。

化粧水は、「ややしっとり・しっとり・とてもしっとり」の3種類から、好みの使用感を選ぶことができますよ。

cica(シカ)/VT CICAスキン

人気の韓国コスメブランドVT Cosmetics(VT)が展開するCICAシリーズは、肌荒れやニキビを防ぐ、ツボクサエキスなどの成分が配合された人気シリーズです。

なかでも、洗顔後1番に使う化粧水「CICAスキン」は、「肌のキメが整う!」と口コミでも大人気の商品となっています。

整肌成分のツボクサエキスはもちろん、保湿成分のプロポリスエキスや荒れた肌を整えてくれるPHA(ラクトビオン酸)などが配合されています。

洗顔後まず初めに使う、ニキビケアにおすすめの1本です。

ANUA(アヌア)/ドクダミ77% スージングトナー

ANUA(アヌア)も韓国コスメの人気ブランドです。

こだわりの自然由来成分が配合されたスキンケアアイテムを豊富に展開しています。

なかでも、高校生に人気のアイテムが、「ドクダミ77% スージングトナー」。

商品の77%が整肌成分のドクダミエキスで構成されていて、他にもツボクサエキスやリンゴ果実エキスなどの自然由来の成分が配合されています。

大容量でバシャバシャ使えるのも嬉しいポイントです。

明色化粧品/明色 美顔水 薬用化粧水

明色化粧品の「美顔水」は、なんと130年以上の歴史を持つニキビケア化粧水です。

主に拭き取り化粧水として使用している高校生が多いみたい。

明治18年の発売以降、ニキビに悩む中高生に選ばれ続けています。

ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する働きを持つ、ホモスルファミンが配合されているのが大きな特徴です。

さらに、サリチル酸(BHA)配合で毛穴に詰まった汚れもしっかり落としてくれるので、黒ずみ対策にもおすすめ。

ユースキン/ルドー薬用アクネローション

ユースキンといえば、ハンドクリームやボディクリームを想像する人が多いかもしれませんが、実はニキビケア化粧水も展開しています。

うるおい成分としてダイズエキス(イソフラボン含有)が配合された、スプレータイプの化粧水で、肌に優しい処方になっています。

イニスフリー(Innisfree)/グリーンティー ヒアルロン スキン

イニスフリー(Innisfree)は、人気の韓国コスメブランドです。

高校生にとくに人気なのは、ふきとり化粧水としても使える「グリーンティー ヒアルロン スキン」。

緑茶乳酸菌がうるおいバリアをサポートし、ゆらぎにくい肌に整えてくれます。

アルソア/アムニー AP

「黒いせっけん」で有名なアルソア化粧品は、乾燥性敏感肌のためのスキンケアライン、アムニーAPを展開しています。

アムニーAPの化粧水は、乾燥によって不安定になりがちな肌のバリア機能を整えてくれる、まろやかなテクスチャーが魅力の商品。

敏感肌向けなので、肌に優しいのも嬉しいポイントです。

Avene(アベンヌ)/アベンヌ ウオーター

アベンヌウォーターは、南フランスの「アベンヌ温泉水」をそのままパッケージ化した人気商品です。

アベンヌ温泉水の魅力は、ミネラルバランスの良さ。

とくに、カルシウムとマグネシウムは、2:1というグッドバランスで配合されています。

顔だけでなく、全身用化粧水としても使用できるので、お風呂上がり1番に使用している高校生も多いみたい。

ももぷり/うるおいバリア化粧水

ももぷりは、2018年に誕生したスキンケアブランド。

乳酸菌と桃由来のセラミドを配合した商品を展開しています。

高校生に人気なのは、パッケージも可愛い「うるおいバリア化粧水」。

乳酸菌と桃セラミドに加え、肌のキメを整えてくれるビタミンCとビタミンEなど、こだわりの美容成分がたっぷり配合された化粧水です。

しっとりタイプとさっぱりタイプがあり、好みのテクスチャーを選べますよ。

【Q&A】高校生のスキンケアに関するお悩みを解決!

【Q&A】高校生のスキンケアに関するお悩みを解決!

続いては、高校生のスキンケアに関するお悩みに1つ1つお答えしていきます!

スキンケアは何歳から始めるべき?

スキンケアを始めるべき年齢に、絶対的な正解はありません。

とはいえ、実際に高校生のアンケート結果を見てみると、洗顔してる人は9割、化粧水でのケアは8割という結果で、何かしらのケアをしている人は多いようです。

それぞれの肌の状況にもよりますが、「乾燥が気になる」「ニキビがある」というように、肌悩みがある場合には、乳液や美容液を使ったケアを始めた方がいいかもしれませんね。

また、肌の状態に関わらず、洗顔や化粧水・乳液などの基本的なケアは、高校生のうちから始めるのがおすすめです。

今は肌悩みがなくても、そのうちニキビや乾燥に悩まされてしまうかもしれません。

洗顔でニキビの原因菌を洗い流し、化粧水と乳液でしっかりと保湿してあげることで、これから起きる肌トラブルを未然に防ぐことにもつながります。

高校生のうちは乳液は必要ない?

「スキンケアが必要」と言われても、実際にどこまでやれば良いか悩む高校生も多いでしょう。

基本的なスキンケアの流れは、以下の通りです。

面倒でないなら、上記の順番で全て行うのが理想ですが、「時間がない」「めんどくさい」という人もいますよね。

「高校生がどこまでスキンケアを行うべきか」という問いの答えについては、「みんながどこまでスキンケアをやっているのか」を参考にしてみましょう。

Popteen(ポップティーン)のアンケート調査結果では、「洗顔・化粧水・ 乳液・ クレンジング」の4アイテムを使っている高校生が多いみたい。

乳液には油分が含まれていて、肌のうるおいバランスを保つ効果が期待できるので、「化粧水だけ」よりも断然良いです。

「洗顔と化粧水だけ」を使っている高校生も多かったですが、「化粧水で潤いを与えて、乳液でバランスを整える」ということをセットで考えて、できれば化粧水の後、乳液も使ってみてくださいね。

1日に何回洗顔するべき?

ニキビやテカリに悩む高校生のなかには、「1日に何回も洗顔したほうがいいの?」と悩む人もいるようです。

ですが、1日に何回も洗顔して、その度にスキンケアをやりすぎると、肌が本来持っているバリア機能が損なわれてしまう可能性があります。

バリア機能が損なわれると、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルが余計に起きやすくなってしまいますよ。

洗顔の回数は、朝晩の1日2回が基本です。

スキンケアも、1日2回で十分なので、洗顔をしすぎたり、保湿しすぎたりしないように注意してください。

正しいスキンケアの順番は?

正しいスキンケアの基本的な順番は、「洗顔→化粧水→乳液」です。

また、朝は乳液の後に日焼け止めを塗りましょう。

メイクをした日の夜は、洗顔の前に、まずクレンジングをするのもポイントです。

メイクは洗顔だけでは落としきれないので、必ずクレンジングも使いましょう。

肌悩みによっては、洗顔後、化粧水の前に導入美容液を使用したり、乳液の後にクリームを使用したりするのも良いですよ。

高校生もしっかりとスキンケアをして綺麗なお肌を手に入れよう!

将来的に綺麗なお肌を手に入れるためにも、高校生のうちからしっかりスキンケアをすることをおすすめします。

アンケート調査の結果では「洗顔だけ」「洗顔と化粧水だけ」を使っている高校生も多かったですが、できれば「クレンジング・洗顔・化粧水・乳液」の4点セットは使ったほうがいいですね。

スキンケアを徹底することで、テカリやニキビ、乾燥など、今抱えている肌悩みを改善することができますよ。

高校生のうちから正しいスキンケアをすることで、将来の肌へのダメージを予防できるといわれています。以下の記事では、基本のスキンケア方法や美肌になる方法を詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

美肌になるには?基本のスキンケアや肌に良い食べ物を詳しく紹介!