中学生必見!今からできる肌を白くする方法を紹介

中学生必見!今からできる肌を白くする方法を紹介

外で活動することも多い中学生のなかには、日焼けして「肌を白くする方法が知りたい!」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回は、中学生向けに肌を白くする方法を紹介します!
どうして日焼けで肌が黒くなってしまうのか、肌を白く保つにはどうしたらいいのかなどの疑問も解説しているので、チェックしてみてくださいね。

そもそも肌が黒くなる理由は?

そもそも肌が黒くなる理由は?

そもそも肌が黒くなる理由は、日焼けでダメージを負った肌を紫外線から守るためです。

紫外線が当たって日焼けすると、肌は赤くなり、やけど状態になります。これを「サンバーン」と言います。この状態のとき、紫外線から肌を守るためにメラノサイトという細胞がメラニンを生成します。

サンバーンは2、3日で落ち着きますが、メラニンが大量に生成されると肌が黒くなるのです。これを「サンタン」と言います。

日焼けで肌が黒くなった場合、元の肌色に戻るには1ヶ月ほどかかります。
場合によってはそのままシミやそばかすになることもあるので、日焼けしないように注意しましょう。

日焼けした肌が痛いときは、以下の記事を参考にしてみてください。

日焼けの痛みはいつまで続く?寝れないほど痛いときの対処法とは?

中学生が肌を白くする方法はある?

中学生が肌を白くする方法はある?

色白になりたい中学生が興味あるのは、肌を白くする方法はあるかということですよね。
まず、肌の色を変える(元の肌色を色白にする)のは医療行為になるため、中学生が自分でできる対策はありません。

日焼けした肌は、ケアによって徐々に元の肌色に戻るでしょう。
ここでは、中学生が日焼けして肌を白くしたいと思ったときに、試してほしいケアを紹介します。

これ以上日焼けしないようにする

まずは、紫外線によって肌が黒くなったときは、それ以上日焼けしないように気をつけましょう。

前述した通り、日焼けして肌が火傷状態になると、メラニンが生成されます。
大量に生成されるとシミやそばかすができる原因となる可能性があるので、日焼けした肌にさらに紫外線ダメージを与えないようにしましょう。

中学生は外で活動することも多いです。外に出るときは日焼け止めを塗る、日傘を差すなど、紫外線対策を忘れずに!
家にいても、窓から紫外線は入ってくるので注意してくださいね。

紫外線対策は以下の記事で詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

絶対日焼けしない方法5選!顔や腕などパーツ別の対策すすめケアアイテムも紹介

美白化粧品でスキンケア

日焼けしたあとは美白化粧品でスキンケアをしましょう。

美白化粧品を選ぶポイントは、メラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐ美白有効成分が配合されているかどうかです。
美白有効成分には「ビタミンC誘導体」や「トラネキサム酸」、「プラセンタエキス」などがあります。

メラニンの生成を抑えることで、肌が黒くなるのを抑制できるでしょう。

ただし、日焼けしてすぐのやけど状態の肌には化粧品が刺激となる可能性があります。
肌が赤いときはまず冷やしてほてりを落ち着かせてから、美白化粧品を使ってくださいね。

created by Rinker
¥990(2024/06/24 01:04:59時点 楽天市場調べ-詳細)

ビタミンを摂取する

肌を白くしたいときは、ビタミンをとってメラニンの生成を抑制しましょう!

「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」には、抗酸化作用という働きがあり、メラニンの生成を抑えてくれると言われています。また、ビタミンCには黒くなったメラニンを薄くする効果も期待できるのです。

ビタミンが含まれている食べ物は、次のようなものがあります。

  • ビタミンA…ニンジンやほうれん草、かぼちゃなどの緑黄色野菜、レバー、卵など
  • ビタミンC…ブロッコリー、ピーマン、キャベツ、イチゴなど
  • ビタミンE…カボチャ、アーモンド、ピーナッツなど

ビタミンAやビタミンEは脂溶性のため、油と一緒にとると良いですよ。ドレッシングをかけて食べるのもOKです。
ビタミンCは熱に弱いため、できるだけそのまま食べましょう!

しっかりと寝る

しっかり寝るのも、肌を白くする方法の一つとして知られています。

中学生のなかには、ついついゲームや友達との通話で夜更かしばかりしてしまう人もいるでしょう。
睡眠不足だとターンオーバーが乱れ、日焼けで黒くなった肌が元の肌色に戻るのに時間がかかる可能性も。

十分な睡眠時間を確保して、良質な睡眠をとると成長ホルモンの分泌が活発になります。この成長ホルモンがターンオーバーを促進してくれるのです。

ターンオーバーがスムーズに進むと、古い角質が自然と落ちていきます。つまり、メラニンによって黒くなった肌(角質)が少しずつ落ちていくのです。

中学生の理想の睡眠時間は以下の記事を参考にしてみてください。

中学生の睡眠時間は7〜8時間!睡眠不足による勉強や成長への影響を解説

ニベアなどで保湿する

ターンオーバーを促進するのに、保湿も重要です。
紫外線ダメージを受けると肌のバリア機能が低下し、乾燥しやすくなります。乾燥した肌は正しくターンオーバーが行われないため、元の肌色に戻るまで時間がかかるでしょう。

ニベアなどで保湿することで、ターンオーバーが促進されます。
日焼けした肌が乾燥していたら、しっかり保湿しましょう。

ただし、中学生は皮脂が多く分泌しやすく、油分はニキビの原因にもなるので、つけすぎは禁物です。

created by Rinker
¥1,897(2024/06/24 17:13:44時点 楽天市場調べ-詳細)

1週間で肌は白くなる?

1週間で肌は白くなる?

肌が黒くなったら、「早く白くならないかな」「いつ元通りになるんだろう」と気になりますよね。
なかには、1週間で肌が白くなってほしいという中学生もいるかもしれません。

まず、先に紹介したとおり、日焼けした肌が元の肌色に戻るには1ヶ月ほどかかると言われています。

日焼けで肌が黒くなった場合、古い角質が落ちていき、新しい角質が下から表面に出てくることで元の肌色に戻るのです。
ターンオーバーによって日焼けした肌も落ち着いていきますが、1週間という短いサイクルでは完了しないでしょう。

なるべく早く元の肌色に戻したいときは、きちんと洗顔し、保湿しましょう。
ただし、古い角質を落とすためにゴシゴシ洗うと肌にダメージを与えてしまうため、優しく洗うのが大切です。

白い肌でいたい中学生が気をつけること

白い肌でいたい中学生が気をつけること

肌を白くする方法を実践するだけでは、また日焼けで肌が黒くなるかもしれません。
白い肌でいたい中学生は、次のようなことにも気をつけてみてください。

紫外線対策を怠らない

中学生できちんと紫外線対策をしている人は多くないかもしれませんが、今から日焼けしないように気を付けることで将来、シミやそばかすができるのを防げます。

紫外線対策には以下があります。

  • 日焼け止めを塗る
  • 日傘をさす
  • アームカバーを使用する
  • 帽子をかぶる
  • サングラスをつける
  • スカーフを首に巻く

など

日焼けしたら冷やす

もし、日焼けした場合も、肌が赤いうちに冷やすようにしましょう。

やけど状態の肌を放置していると、メラニンが生成されていきます。
保冷剤を当てたり、濡れタオルで日焼けした肌を覆ったりしてほてりを冷ますことで、肌が黒くなるのを防げます。

全身日焼けしてしまった場合は、37℃ほどのぬるめのお湯に使って肌を冷やすのもおすすめです。
ぬるめのお湯に浸かるときは、20分程度と短時間に収めましょう。

毎日のスキンケア

中学生でも白い肌に憧れる人は少なくありません。白い肌を保ちたいときは、紫外線対策だけでなく、毎日のスキンケアも忘れずに行いましょう。

洗顔は、日中に塗った日焼け止めを落とすだけでなく、肌のターンオーバーも促進します。
洗顔してそのままにしておくと、肌の水分が蒸発して乾燥するおそれがあるため、必ず保湿しましょう。

ただし、中学生は皮脂が分泌されやすく、化粧水→乳液→クリームの順番でスキンケアした場合、油分過剰になる可能性があります。
自分の肌質に合わせて化粧水だけの保湿にしたり、乾燥しやすい冬にだけクリームを追加したりしましょう。

化粧品は美白有効成分が含まれているのを選びましょう。

中学生の肌を白くする方法は日焼け前後の対策が重要!

中学生が日焼けした肌を白くする方法は、ビタミン摂取や保湿、スキンケアなどがあります。
日焼けした肌が元の肌色に戻るまでは時間がかかるので、白い肌でいたい中学生は紫外線対策をしてなるべく焼けないようにしましょう。

通学や体育の授業、部活などで外に出ることが多い中学生は、日焼け前後の対策をしっかりして、肌を守っていきましょう!