高校生でも出会い系(マッチング)アプリを利用できる?年齢制限や注意点について

目次開く

「出会いがない!」と悩む高校生も多いのでは?

出会いのきっかけとして気になるのが、「出会い系(マッチング)アプリ」。

そこで今回は、「高校生でもマッチングアプリは使える?」「出会い系(マッチング)アプリって怖い?」など、高校生の疑問に答えながら、出会い系(マッチング)アプリの年齢制限やリスク、注意点について紹介します。

高校生は基本的に出会い系アプリを利用できない!

高校生は基本的に出会い系アプリを利用できない!

残念ながら、高校生は基本的に出会い系(マッチング)アプリを利用することはできません

出会い系(マッチング)アプリへの未成年者(18歳未満)の登録は、「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(通称・出会い系サイト規制法)」で規制されているからです。

 

また、大手の出会い系(マッチング)アプリは、18歳以上であっても高校生不可という規約を定めている場合が多いです。

これは、高校生を重大な事件の被害から守ることが目的。

法律が整備される前の平成15年において、出会い系サイトに起因した事件に巻き込まれた被害者1,510人のうち、約84.6%を占める1,278人が18歳未満でした。

実際に高校生が強盗や強姦などの重大な事件に巻き込まれるケースもあり、大きな問題になりました。

このような社会情勢のなか、法律の整備や出会い系サイト事業者に対する行政処分及び取締りなどの対策がとられた結果、平成18年以降、出会い系サイトに起因する事犯の検挙件数は減少傾向になっています。

 

しかし、依然として被害の報告はあり、近年はコミュニティサイトに起因する事犯の検挙事例も増えています。

高校生が安易に出会い系(マッチング)アプリを利用するのは避けるようにしましょう。

 

参考:警察庁「出会い系サイト規制法|なくそう、子供の性被害。

参考:警察庁「平成23年上半期の出会い系サイト等に起因する事犯の検挙状況について

主要出会い系(マッチング)アプリの年齢制限一覧

実際に、主要出会い系(マッチング)アプリの年齢制限がどのようになっているのかを調べてみました。

 

アプリ名 年齢制限 公式サイト
Tinder(ティンダー) ・18歳以上

・高校生可

年齢確認の流れについて教えてください
tapple(タップル) ・18歳以上

・高校生不可

タップルを安全・安心してご利用いただくために
Pairs(ペアーズ) ・18歳以上

・高校生不可

利用規約
with(ウィズ) ・18歳以上

・高校生不可

安心してご利用いただくために
ゼクシィ縁結び ・18歳以上

・高校生可

登録に際して条件はありますか?

大手の出会い系(マッチング)アプリは、高校生の利用を制限しているケースが多いです。

また、すべてのアプリについて、18歳未満の高校生は登録もできないようになっています。

高校生が年齢を偽って出会い系アプリを利用するリスク

高校生が年齢を偽って出会い系アプリを利用するリスク

 

「18歳以上しか出会い系(マッチング)アプリを使えないなら、お姉ちゃんの身分証明証を使って登録しちゃおう!」と考えた人はいませんか?

しかし、それは絶対にやめましょう

 

出会い系(マッチング)アプリの利用に年齢制限があるのは、それ相当の理由があるからです。

出会い系(マッチング)アプリでの出会いをきかっけに、重大な事件に巻き込まれてしまう可能性もゼロではありません。

年齢を偽って出会い系(マッチング)アプリを利用したことが、家族や学校にバレてしまう可能性もあるでしょう。

 

「出会い系(マッチング)アプリを使ってみたい」という気持ちはわかりますが、高校生が年齢や身分を偽って登録するのは絶対にやめてください

高校卒業後に出会い系アプリを利用するときの注意点

高校卒業後に出会い系アプリを利用するときの注意点

 

18歳になり、高校を卒業すれば、出会い系(マッチング)アプリを堂々と利用できるようになります。

ただし、「18歳以上だから」、「高校生じゃないから」といって、出会い系(マッチング)アプリの危険性がなくなるわけではありません。

 

出会い系(マッチング)アプリは、危険性も理解した上で、慎重に利用するようにしましょう。

そこで続いては、高校卒業後に出会い系(マッチング)アプリを利用する際に、注意しておくべきポイントを5つ紹介します。

本人確認・年齢確認が不要なアプリは利用しない

出会い系(マッチング)アプリに登録するためには、必ず身分証明証による本人確認と年齢確認が行われます。

これは、法律によって定められた条件であるため、本人確認・年齢確認が不要なアプリは「違法アプリ」ということになります。

本人確認がないと、悪意のあるユーザーも簡単に登録でききてしまいます。

違法アプリを利用すると、犯罪に巻き込まれてしまう危険性が高くなるため、絶対に登録しないようにしてください。

デートの場所や時間帯には気をつける

優良なアプリであっても、悪質なユーザーが紛れ込んでいないとは限りません。

例えば、カラオケなどの密室でのデートを強要してきたり、18時以降などの夜の遅い時間でないと予定が合わないと言ってきたりする異性は、いわゆる「体目的」の可能性があります。

十分に注意しましょう。

オペレーター監視機能付きのアプリを使う

優良な出会い系(マッチング)アプリの多くは、24時間365日体制のオペレーター監視システムを導入しています。

悪質なユーザーをブロックして追放したり、アカウントを凍結させることも可能なので、いざという時に安心です。

安易に個人情報を教えない

出会い系(マッチング)アプリ上では、安易に個人情報をやり取りしないようにしましょう。

なかには、ユーザーの個人情報を守るために、LINEのアカウント交換が禁止されている出会い系(マッチング)アプリもあります。

「この人なら信頼できそう」と思っても、実際にどんな人かはわかりません。

たとえ相手に求められても、個人情報を安易に交換するのはやめましょう。

また、登録するなら、個人情報を厳密に管理してくれる「プライバシーマーク」を取得したアプリを使用するのが安心です。

いくら自分で個人情報を守っていても、アプリ側から身分証の情報などの個人情報が流出してしまっては、意味がありません。

真面目な出会いを期待するなら有料アプリがおすすめ

出会い系(マッチング)アプリの中には、無料で気軽に利用できるものもあります。

「無料だったら使いやすい」と思う人も多いかもしれませんが、真面目な出会いを期待するなら有料のアプリの方がおすすめです。

無料のアプリは、良くも悪くも「軽い気持ちで」使っているユーザーが多く、遊び相手を探すために活用している異性も少なくありません。

有料のアプリなら、ある程度真面目に出会いを求めているユーザーが多く、メッセージの返信率が高いなどのメリットもあります。

高校生に人気のトークアプリでの出会いはあり?

高校生に人気のトークアプリでの出会いはあり?

 

高校生は、基本的に出会い系(マッチング)アプリに登録することができません。

そこで「高校生の出会いのきっかけ」として使われているのが、トークアプリです。

 

トークアプリとは、リアルタイムにメッセージのやりとりができるアプリの総称です。

「全く知らない人と気軽にできるLINE」とイメージすると、わかりやすいでしょう。

 

人気のトークアプリには、地域を限定してユーザーを探す機能などがあり、高校生の利用も制限されていないため、まさに「高校生向けの出会いの場」として広く活用されている現状があります。

ただし、基本的にトークアプリはあくまでも「トーク」を楽しむためのアプリであって、出会い目的での利用を禁止している場合が多いです。

 

たとえば、学生人気のトークアプリ「サークリー」も利用規約でLINEやX(旧twitter)などのSNSのIDを掲示板で交換することを禁止しています。

また、「性犯罪の温床」と呼ばれてサービスを停止したトークアプリもあり、年齢を偽って近づいてくる大人のユーザーも多いことから、犯罪に巻き込まれる危険性が高いので注意が必要です。

実際に高校生カップルはどこで出会ってる?

実際に高校生カップルはどこで出会ってる?

 

高校生は、基本的に出会い系(マッチング)アプリを利用することはできません。

また、トークアプリも危険性が高いため、出会い目的での利用はおすすめしません。

 

それでは、今付き合っている高校生カップルは、一体どこで出会っているのでしょうか。

以下は、Popteen(ポップティーン)が10代向けに実施した「恋人とどこで知り合った?」というアンケート調査の結果です。

 

 

高校生のカップルのうち、約8割は学校での出会いをきっかけに付き合っています

同じクラスで出会うこともあれば、部活や委員会がきっかけになることもあるかもしれませんね。

また、バイト先での出会いをきっかけに付き合ったり、中学の同級生と再会して恋愛に発展したケースもあるみたいですよ。

出会いがない高校生におすすめの出会うきっかけ

出会いがない高校生におすすめの出会うきっかけ

 

続いては、「出会いがない…」と悩む高校生に向けて、おすすめの出会いのきっかけをいくつか紹介します。

出会い系(マッチング)アプリやトークアプリに頼らなくても、異性と出会えるきっかけはたくさんありますよ。

他クラス・学年の生徒との交流をもつ

同じクラスに好みの異性がいなくても、学校での出会いを諦める必要はありません。

部活や委員会などに積極的に参加して、他のクラスや他の学年にまで、交友範囲を広げてみましょう。

「短期間で出会いが欲しい!」という人は、学校行事の実行委員に立候補するのもアリかもしれませんね。

バイトを始める・変える

恋人とバイト先で出会っている高校生も多いです。

学校に出会いがないなら、バイト先に出会いを求めちゃいましょう。

 

たとえば、今何もしていないなら、新しくバイトを始めてみるのがおすすめ。

また、今やっているところで出会いがないのであれば、新しいところに変えるのも良いでしょう。時間に余裕があるなら、掛け持ちもアリですね。

 

ただし、短期バイトよりも長期バイトのほうが人間関係を築きやすいので、出会いを求めたい人には長期バイトがおすすめです。

高校生が多く働いているバイト先のほうが、出会いの可能性も広がるでしょう。

同窓会への参加・企画する

アンケート調査の結果によると、小中学校の同級生と再会し、恋愛関係に発展しているケースもあるみたい。

思いがけない出会いのきっかけになるかもしれないので、小中学校の同窓会や幼稚園の周年イベントなどの案内が来たら、積極的に参加するのがおすすめ

もしくは、自分で企画しちゃうのもアリですね。

彼氏のいる友達に紹介してもらう

彼氏のいる友達がいるなら、その友達に頼んで男の子を紹介してもらうのもいいかも。

彼氏同士が仲良しなら、ダブルデートでグループ交際もできるし、もし付き合うことになってからも楽しそうですよね。

新しく塾や習い事に通ってみる

塾や習い事での出会いをきっかけに彼氏を作っている人もいるので、新しく始めちゃうのもおすすめ。

「ちょうど受験対策したいと思っていた」「英会話を習いたいと思っていた」など、興味がある塾・習い事がある人なら、ちょうど良い機会ですね。

同じことに興味がある人なら、話もはずみ、距離も縮めやすいはず。

他校の文化祭に行ってみる

他校に通っている高校生と出会いたいなら、積極的に他校の文化祭に行ってみるのもおすすめ。

小中学校の同級生が通っている高校なら、待ち合わせをして、クラスメートを紹介してもらうのもアリですね。

反対に、自分の高校の文化祭に、友達を招待するのも良いかも

学校行事をうまく活用して、出会いの場にしちゃいましょう。

高校生は出会い系(マッチング)アプリ以外で素敵な出会いを見つけよう!

高校生は出会い系(マッチング)アプリ以外で素敵な出会いを見つけよう!

出会い系(マッチング)アプリは、法律で18歳未満の高校生の利用が禁止されています。

また、18歳の高校生であっても、独自の規約によって利用を制限している出会い系(マッチング)アプリもあるので、高校生は基本的に出会い系(マッチング)アプリは利用できないと考えたほうがいいでしょう。

 

高校生の出会いは、学校やバイト先などに目を向けてみてはいかがでしょうか。

「出会いのきっかけがない…」と悩んでいる高校生も、積極的に行動してみれば、意外と出会いのきっかけはたくさんあるかもしれませんよ。

学校、バイト先、小中学校の同級生など、どんなきっかけで恋人に出会えるかわかりません。素敵な出会いが待っていると信じて、積極的に行動してみてくださいね!