人が離れていくのはなぜ?特徴や原因、対処法を紹介

人が離れていくのはなぜ?特徴や原因、対処法を紹介

目次開く

自分では何もしていないつもりなのに、「なぜか周りの人が離れていく」というのは誰にでも起こり得ることです。

人が離れていく人には、共通する特徴があります。

この記事では、人が離れていく人の特徴や原因、人が離れていってしまうのを防ぐための対処法を紹介します。

人が離れていく人の特徴

人が離れていく人の特徴

まずは、人が離れていく人に共通する特徴を見ていきましょう。

自分中心な考え方をしている

人が離れていく人は、自分中心な考え方をしている人が多いです。

人の気持ちを考えずに自分中心で物事を考えていますが、本人は自分の考えが「自己中心的」であることにも気づいていません

常に周りに非がある

人が離れていく人は、問題が起きても自分が間違っているとは考えず、常に周りに責任を押し付けるタイプが多いです。

また、自分が間違っていると自覚している場合も決して非を認めません

自慢話ばかりしている

自分がどれだけすごいのか、自慢ばかりしている人の周りからは、人が離れていくケースが多いです。

このタイプの人は、他の人が頑張ったこと、苦労話などをしていても「自分のほうが〜」と会話泥棒をしてしまいます

自慢話をしても、人からすごいと思われることはほとんどありません。

疎ましく思われることの方が多いので、できる限り避けましょう。

パーソナルスペースに入ってくる

人が離れていく人は、人との距離の取り方が苦手な傾向にあります。

ボディタッチが多いなど、仲良くなくてもパーソナルスペースにずけずけと入ってくるので、人が避けていくのです。

嘘ばかりつく

嘘ばかりついている人は、人からの信頼を失います。

あまりにも嘘が多いと一緒にいて疲れてしまいますし、人が離れていくのも当然です。

ネガティブ思考である

人が離れていく人は、ネガティブ思考の人が多いです。

自分を卑下する発言が多いので、周りの人はいつも「そんなことないよ」とフォローばかりして疲れてしまいます

人が離れていく原因は?

人が離れていく原因は?

続いては、なぜ人が離れていくのか、その原因について解説します。

付き合いにくいと思われているから

自己中心的だったり、話を聞かなかったりする人は、他の人にとって付き合いにくい人です。

付き合いにくいと思う人とわざわざ関係を持ち続ける人は少ないので、自然と人が離れていってしまいます。

嫌われているから

人が離れていくのは、シンプルに嫌われていることが原因かもしれません。

たとえば、相手に対して傷つくような言葉を言ったり、デリカシーのない行動ばかりとっている人は、嫌われて人が離れていきます。

一緒にいて疲れるから

自分のことばかり話している人や、ネガティブな発言が多い人は、一緒にいるとフォローまかりで疲れます。

一緒にいて疲れる人と、長く一緒にいたいと思う人はいません。

人が離れていくスピリチュアルサインとは?

人が離れていくスピリチュアルサインとは?

「人が離れていく」ということに、悪いイメージを持つ人は多いです。

しかし、スピリチュアルの世界では、「人が離れていくのは、自立や新しい出会いのサイン」などと言われていて、必ずしも悪い意味を持つものではありません。

人が離れていくスピリチュアルサインとしては

  • 悪縁を断ち切ることができた証拠
  • 仕事がレベルアップする前兆

など、良いイメージをあらわすこともあります。

ただし、スピリチュアルの世界でも、以下のような悪いイメージをあらわすこともあるため、注意が必要です。

  • 人生に必要な試練の訪れや健康運が降下していることを告げるサイン
  • 人間性に問題があるという警告

いずれにしても、人が離れていくことを感じたら、自分の行動に問題ないかどうか振り返る必要があるでしょう。

大きな別れがあったときは、ソウルメイトに出会う前兆とも考えられます。ソウルメイトについては、以下の記事を参考にしてください。

【ソウルメイトとは】確認方法16選!ソウルメイトの可能性が高い誕生日とは?

人が離れていった人の末路

人が離れていった人の末路

自分の行動や性格が原因で人が離れていく人は、最終的に孤独になってしまう人が多いです。

人が離れていってしまった原因は自分であるのにも関わらず、頑なに自分の非を認めず、深い孤独感から他人に対して恨みを抱く人もいます。
また、精神的な問題を抱え、不幸な道を歩んでしまう人も多いです。

ただし、人が離れていくのがきっかけで自分を見つめ直したり、新しい出会いがあったりするので、必要以上に怖いと感じなくて大丈夫。

もちろん、人が離れていったにも関わらず、いつまでも「自分は悪くない」という考えを持ち続けている人は注意したほうが良いでしょう。

自分の行動を見つめ直して改め、新しい人間関係を構築することができれば、その後の人生は明るいものになるはずです。

周りから人が離れていくのを防ぐ方法

周りから人が離れていくのを防ぐ方法

周りから人が離れていくのを防ぐためには、自分が変わるしかありません。

続いては、人が離れていくのを防ぐための具体的な方法や、人間関係で気をつけるべきポイントを紹介します。

自分の行動や態度を見直す

まずは、自分の行動や態度を客観視して、見直すことから始めましょう。

悪口や陰口ばかりを言っていないか、自己中心的な行動をとっていないか振り返ってみてください。

悪いと思ったところは素直に認めて改善を意識すると、周りの人が離れていくこともなくなります。

友達や家族を大切にする

行動や態度を見直しても、何人かの人は自分の周りから離れていってしまうかもしれません。

人には合う・合わないの相性があるので、ある程度は仕方がないことです。

ただし、それでもそばにいてくれる友達や家族は、より一層大切にすべき人たちであることを忘れないでください。

どんな時でも、「今、自分の周りにいる人を大切にする」という気持ちで行動すれば、孤独になってしまうことはありません。

ポジティブ思考に切り替える

ネガティブな思考はなかなか直せるものではないですが、できるだけポジティブ思考に切り替えることを意識してみてください。

普段からポジティブな発言をすることを心がけたり、ネガティブになったときは悩み事をノートに書いてポジティブ変換する思考力をつけたりするなど、さまざまな方法を試してみることをおすすめします。

ポジティブになる方法を紹介!簡単にできることからネガティブな自分を変える

良いところを見つけて褒める

周りの人の良いところを見つけたら、積極的に褒めていきましょう。
褒められて嫌な気持ちになる人はいません。

また、褒める時には、「ノートの字が綺麗だね」「今日の髪型似合ってるね」など、具体的に褒めることが大切です。

以下のような、褒め言葉の「さしすせそ」を意識すると、人のことを褒めやすくなりますよ。

【褒め言葉のさしすせそ】
・さ「さすがだね」
・し「知らなかった」
・す「すごいね」
・せ「センスいいね」
・そ「そうなんだ」

人が離れていくときは落ち込みすぎず考え方を変えてみよう

人が離れていく原因を考えてみて、自分に当てはまるところがあるなら、見直していくことが大切です。

いつまでも非を認めず、周りのせいばかりにしていると、本当に孤独になってしまうかもれいませんよ。

周りの人が離れていってしまう時には、「自分を変える最適なタイミング」と捉えましょう。

自分の気持ちが変われば、行動や態度が変わり、自然と周りに人が集まってきます。

落ち込みすぎず、考え方を変えることを意識してみてくださいね。