部活に使える1人用クーラーボックスのおすすめ24選!保冷力最強&おしゃれアイテム紹介

部活に使える1人用クーラーボックスのおすすめ24選!保冷力最強&おしゃれアイテム紹介

目次開く

夏も部活を頑張る高校生には、お弁当や飲み物を冷やしておけるクーラーボックスが必需品です。

最近はおしゃれなうえに小型で持ち運びしやすい「1人用クーラーボックス」もあり、高校生の部活に選ばれています!

この記事ではおしゃれなデザインや保冷力最強の1人用クーラーボックスを紹介します!

夏の部活にぴったりなクーラーボックスを探している高校生はぜひチェックしてくださいね。

夏の部活には1人用クーラーボックスがおすすめ!

夏の部活には1人用クーラーボックスがおすすめ!

暑い夏の部活には、1人用クーラーボックスがあるととても便利です。

暑いときは冷たい飲み物やタオルがあると熱中症予防にとても助かりますよね。
また、朝練がある部活だと朝早くからお弁当を持ち歩くため、食中毒も気になるところです。

クーラーボックスでお弁当や飲み物、タオルなどを冷やしておけば、熱中症の予防や食中毒対策になりますよ。

歩きや自転車、電車通学をしている高校生だと大きなクーラーボックスを持ち歩くのは難しいため、小型の1人用クーラーボックスがおすすめ便利です。

1人用クーラーボックスの種類

1人用クーラーボックスの種類

高校生の部活にぴったりの1人用クーラーボックスには、ハードタイプとソフトタイプの2種類あります。

ハードタイプ

ハードタイプのクーラーボックスは、硬く頑丈な素材で作られており、断熱材がしっかり入っているため保冷力の高さが特徴です。

メリットとデメリットは以下のとおりです。

ハードタイプのメリット ハードタイプのデメリット
  • 保冷力が高い
  • ソフトタイプに比べて頑丈
  • 硬い素材で椅子やテーブル代わりに使える
  • 雨や水濡れに比較的強い
  • 折りたたみできないので収納場所をとる
  • クーラーボックス自体が重たい
  • 大きさの割に内容量が少ない

長時間冷たさをキープしたいなら、断然ハードタイプのクーラーボックスがおすすめです。

クーラーボックスは重たくてかさばるので、教科書や部活道具で大荷物になってしまう場合は避けたほうが良いかもしれませんね。

ソフトタイプ

ソフトタイプのクーラーボックスは、柔らかい生地で作られており、軽量で持ち運びやすく、使わないときは折りたためるコンパクトさが特徴です。

メリットとデメリットは以下のとおりです。

ソフトタイプのメリット ソフトタイプのデメリット
  • 軽量で持ち運びしやすい
  • 使わないときはコンパクトに収納できる
  • 多少形が変形するため中身をたくさん詰められる
  • ハードタイプよりも安価な場合が多い
  • ハードタイプに比べると保冷力が落ちる
  • 汚れたときのお手入れが大変
  • 雨や水濡れに比較的弱い
  • 横倒しになって液漏れする可能性もある

ハードタイプよりも保冷力が劣るものも多いですが、比較的安く手に入るので初めてクーラーボックスを買うという高校生にもおすすめです。

1人用クーラーボックスを選ぶポイント

1人用クーラーボックスを選ぶポイント

続いて、部活で使う1人用クーラーボックスを選ぶ際のポイントについて紹介します。

軽さ

1人用クーラーボックスはできるだけ軽いものがおすすめです。

高校生は学校や部活の道具といった持ち物も多く、自宅から学校まで自分で持ち運ばなくてはいけません。

また、お弁当や飲み物などを入れると思ったよりも重くなります。クーラーボックスだけを持って「軽い」と感じても、トータルで重くならないように少しでも軽いものを選びましょう。

保冷力

部活で使う1人用クーラーボックスを選ぶときは、保冷力も重要です。

保冷力は使われている断熱素材によって変わります。断熱素材の種類は主に、真空断熱パネル・発泡ウレタン・発泡スチロールの3つです。

真空断熱パネルが最も保冷力が高いですが、高価になります。
高校生の部活に使うのであれば、お手頃な価格で手に入る発泡ウレタンのクーラーボックスもおすすめですよ。

容量

1人用クーラーボックスには、お弁当を入れるほか飲み物やタオルなども入れておきたいですよね。1人用クーラーボックスに何を入れたいのかを考えて、それに合った容量を選びましょう。

1人用クーラーボックスの容量ごとに、これくらいの荷物が入るという目安を紹介します。

容量 目安(500mlペットボトル)
5L 約4本
7.5L  約6本
10L 約8本
15L 約12本

長時間の部活や試合などがある場合は、最低でも7.5L以上で飲み物とお弁当が十分に入るクーラーボックスがおすすめですよ

使いやすさ

部活の最中に開け閉めしてドリンクを取り出すので、なるべく中身の出し入れがしやすいクーラーボックスが良いでしょう。

開け閉めがめんどくさいタイプだと開けっぱなしのままにすることが多くなり、せっかくのクーラーボックスなのに保冷力が下がってしまいます。

フタの開け閉めがワンタッチでできるクーラーボックスだと便利です。

持ちやすさ

高校生だと1人用クーラーボックスを自分で持ち運ぶことが多いので、持ちやすさも重要なポイントです。

肩かけ用のショルダーベルトがついているクーラーボックスだと両手がふさがらないので便利ですよ。

また、持ち手が滑りにくい素材のクーラーボックスだと持ちやすく、部活中に汗をかいていても落としにくいでしょう。

自転車に乗せる予定がない場合はキャスター付きのクーラーボックスもおすすめです!

デザイン

やはり部活で使うものとなると、デザインも重視したいですよね。

パステルカラーのクーラーボックスや角が丸くデザインなど、1人用のおしゃれなデザインのクーラーボックスも多くありますよ

部活に使える1人用クーラーボックスのおすすめ24選

部活に使える1人用クーラーボックスのおすすめ20選

続いて高校生が部活で使うのにおすすめのクーラーボックスをブランド別に紹介します!

アシックス(ASICS)

日本生まれの大人気スポーツブランド「アシックス(ASICS)」でも1人用クーラーボックスを扱っています。

ソフトタイプでクールなデザインの1人用クーラーボックスで、サイズもちょうど良く肩かけ用のベルトもついているので持ち運びにも便利です。

created by Rinker
¥3,920 (2024/04/17 19:55:35時点 楽天市場調べ-詳細)

サーモス(Thermos)

「サーモス(Thermos)」といえば高い保温能力を誇る魔法瓶で有名なブランドですよね。

クーラーボックスは高校生に嬉しい、おしゃれなデザイン。持ちやすい作りで持ち運びも楽ちんです。

サイズ展開も豊富なので1人用として部活に使うのにぴったりですね。

created by Rinker
¥1,859 (2024/04/17 20:07:36時点 楽天市場調べ-詳細)

ロゴス(LOGOS)

「ロゴス(LOGOS)」はキャンプ・アウトドア用品を扱う人気ブランドで、高品質なアイテムが豊富です。

ロゴスでは、ハードタイプ・ソフトタイプともに取り扱いがあります。

保冷力が高いので、サッカーや野球、テニスなど屋外の部活の高校生にもおすすめです。

ソフトタイプだとストライプ柄やキャラクターデザインなどのおしゃれな商品もありますよ!

コールマン(Coleman)

「コールマン(Coleman)」はキャンプに使うアウトドア用品のブランドです。

アウトドアブランドらしい高品質のハードタイプの1人用クーラーボックスがあります。

クーラーボックスの側面から持ち手がついているタイプなので、持ち運びに便利です。高校生の部活にも便利ですよ。

ハードタイプで保冷力も高く、土や泥がついてもサッと拭いて手入れしやすいので屋外の部活の人にもおすすめです。

コールマン(Coleman) クーラーボックス テイク6 レッド 容量約4.7L 約28.5×20×18(h)cm 2000033010
コールマン(Coleman) クーラーボックス エクスカーションクーラー 16QT 容量約15L ブルー/ホワイト 2000027859

サンカ(SANKA)

「サンカ(SANKA)」は便利なアウトドア用品などを取り扱うブランドです。

1人用クーラーボックスもあり、ワンプッシュで開閉できたり、ショルダーベルトがついていたりするので、部活で利用する際にとても便利です。

【8/1限定10%OFFクーポン配布中】 ディズニー クーラーボックス 小型 12L 日本製 クールボックス 光沢仕様 ミッキー クーラー 部活 ショルダーベルト 保冷力 おしゃれ かわいい SANKA サンカ アウトドア 釣り フィッシング キャンプ 保冷ボックス 12

 

モンベル(mont-bell)

登山用品などを中心としたアウトドアブランド「モンベル(mont-bell)」でも、部活にぴったりの1人用クーラーボックスが販売されています。

ソフトタイプのクーラーボックスで、4Lと容量が小さめなのでリュックなどスクールバッグにも収まりますよ。

モンベル(mont-bell) クーラーボックス 4.0L #1124239 (NV ネイビー)

カインズ(CAINZ)

ホームセンターの「カインズ(CAINZ)」では、便利なオリジナル商品を多く展開しています。

1人用のクーラーボックスもあり、ハードタイプで持ち手の形にフィットするため持ち運びやすいのが特徴です。

ワークマン(WORKMAN)

「ワークマン(WORKMAN)」は作業服や安全靴などを取りそろえる専門店チェーンです。

1人用クーラーボックスもあり、デザインが円柱型でおしゃれなのが特徴。保冷力も抜群なので部活にもぴったりです。

小さめで縦長なので自転車のカゴにも入れやすく、自転車通学の高校生にもおすすめです!

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

アウトドアブランドの「キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)」でも1人用クーラーボックスを取り扱っています。

サイズ展開も豊富で荷物の量に合わせて選びやすく、シンプルなデザインなので長く使えます。

ショルダーベルトつきなので持ち運びもしやすいですよ!

ダイワ(DAIWA)

「ダイワ(DAIWA)」は日本を代表するフィッシングブランドです。高機能で使いやすいクーラーボックスがそろっています。

カラーバリエーションが豊富なソフトタイプのクーラーボックスがあり、推しカラーを選ぶのも良いですね。

容量も1人用として使いやすい6Lから大容量サイズまでありサイズ展開も豊富です。肩にかけて持つことができるので持ち運びに便利ですよ。

ホールアース(Whole Earth)

アウトドアブランドの「ホールアース(Whole Earth)」では、ソフトタイプ・ハードタイプの1人用クーラーボックスを取り扱っています。

ハードタイプはテーブルとして使用できる機能付きで、屋外での利用に便利です。

シンプルなデザインでおしゃれなので高校生も使いやすいですね。

ホールアース(Whole Earth) ミニクーラー6 ベージュ 5L WE2KDI09 BEG クーラーボックス アウトドア キャンプ レジャー BBQ バーベキュー

スタンレー(STANLEY)

「スタンレー(STANLEY)」は水筒・タンブラーなどで有名のサーマルウェアブランドで、保温性の高い高品質なアイテムがそろっています。

部活に使える1人用のクーラーボックスは、クールなデザインでおしゃれな高校生にぴったりです。

イグルー(IGLOO)

「イグルー(IGLOO)」はアメリカのクーラーボックスブランドです。

おしゃれなデザインのクーラーボックスが豊富で、機能性も高いので高校生の部活の際にも大活躍間違いなしです。

スノーピーク(Snow Peak)

「スノーピーク(Snow Peak)」は新潟生まれのアウトドアブランドです。

丸っこいデザインが特徴的なクーラーボックスがあり、ソフトタイプでしっかり収納できるので荷物が多い高校生におすすめです!

サイズは11Lや18Lくらいのものを選ぶと1人用途してぴったりでしょう。

1人用クーラーボックスにぴったりの最強保冷剤

1人用クーラーボックスにぴったりの最強保冷剤

クーラーボックス内の温度を保つためには保冷剤選びも大切です。

保冷材にもハードタイプ・ソフトタイプなどの種類があります。

ハードタイプは保冷力が高いので、朝から長時間冷やしておきたい人におすすめです。

ソフトタイプは軽いので持ち運びやすく、柔らかいのでアイシングしたいときや体を冷やしたいときにも使えます。

部活以外にも!1人用クーラーボックスの使い道

部活以外にも!1人用クーラーボックスの使い道

クーラーボックスは高価なものも多く、部活のためだけに買うのはもったいないと感じる高校生も多いですよね。

ですがクーラーボックスは、高校生の部活に使える以外にもさまざまなシーンで利用できます

作りのしっかりした高価なものを買っておけば、大学生・社会人になっても使えますよ。

たとえば、以下のようなシーンで1人用クーラーボックスは活躍します!

  • 釣り
  • キャンプ
  • ピクニック
  • 買い物
  • 運動会

長く使えそうなデザインかどうかを考えて選ぶと良いですね。

暑い夏の部活は1人用クーラーボックスを使って乗り切ろう!

暑い夏の部活は熱中症に注意が必要なので、飲み物やタオル、保冷剤などひんやりアイテムで体を冷やして水分をとることが重要です。

そのために1人用クーラーボックスを学校に持って行き、朝から夜まで飲み物などを保冷しておくと良いでしょう。

お弁当などの食べ物も入れておけば、食中毒予防にも役立ちますよ。

暑い夏の部活は1人用のクーラーボックスを使って、快適に乗り切りましょう!