絆創膏で二重を作るやり方や危険性まとめ!夜寝るときに定着できる?

絆創膏で二重を作るやり方や危険性まとめ!夜寝るときに定着できる?

ぱっちりとした二重に憧れたことがある女の子も多いのではないでしょうか。

一重や奥二重の人が、メイクのときにアイプチやアイテープを使ってぱっちり二重にする人もいますが、絆創膏を使用して二重にする方法もあります。

今回はアイプチやのりなどよりも身近な絆創膏を使って二重を作るやり方やコツを紹介します。

また、絆創膏で二重を作る危険性についても解説するので、普段から絆創膏を使っていた人も、ぜひ最後までチェックしてみてください。

絆創膏で二重を作るやり方

絆創膏で二重を作るやり方
まずは絆創膏で二重を作るやり方について見ていきましょう。

準備するもの

 

・絆創膏
・ハサミ
・置き鏡
・ライト

 

以上の4つを準備しましょう。

ハサミは絆創膏をカットするものなので、小さめのもののほうがカットしやすいです。

絆創膏を貼りつけるときは両で行うため、手鏡ではなく置き鏡が便利。

目元の細かい部分の作業を鏡を見ながら行うと、暗く見えにくいため失敗してしまいがちです。

そのため、近場に置けて手元を照らせるライトを置くと良いでしょう。

そのほか、必要だと思うものがあればその都度準備してくださいね。

手順

絆創膏で二重を作る手順を紹介します。

①絆創膏カット

まず初めに絆創膏をまぶたに合わせて2〜3mmほどの幅にカットします。

一度に両目分カットしておくと作業しやすいですよ。

②絆創膏を台紙から取る

絆創膏を台紙から取る際に、端が潰れたり折れたりしてしまうことがあるので気をつけましょう。

③貼りつける

自分のなりたい二重幅の部分に、絆創膏の上部がくるように貼るときれいな二重まぶたを作ることができます。

④微調整

最後に微調整をしましょう。

端っこがはみ出ていると不格好なので、端っこを少し上目につけると持ち上げられたまぶたに隠れてきれいに仕上がりますよ。

絆創膏で二重まぶたを作る重要なコツ

絆創膏で二重まぶたを作る重要なコツ
絆創膏で作る二重まぶたは、絆創膏のカットの仕方によって完成度が大きく変わります。

絆創膏の端の湾曲している部分はまぶたの湾曲と似ているため、以下の画像のようにその部分を二重まぶたの幅に合うよう2〜3mmほどの幅にカットすると上手くいきやすいです。

絆創膏で二重まぶたを作る重要なコツ

 

また、貼るときは二重の幅をきちんと決めて左右の差が出なようにすると良いでしょう。

目頭側の絆創膏を押さえながら目尻側の絆創膏を少し引っ張って貼るのがコツです。

絆創膏で二重にするメリットとは?

二重のりやアイテープなど二重にするアイテムは複数ありますが、絆創膏のメリットとは一体なんでしょうか。
その理由は大きく2つ考えられます。

一つは手軽さです。
絆創膏は自宅に常備していることが多く、思い立ったときにすぐできるというのが嬉しいポイント。

もう一つは、手頃な価格です。
絆創膏は大容量で安価なものが多く、仮に失敗しても何度も試せるでしょう。
また、本来の使い方もあるため、自分に合わなくても無駄になりません。

このような理由から絆創膏で二重を作る人が多いと考えられますよ。

絆創膏で二重まぶたを作る危険性も

絆創膏で二重まぶたを作る危険性も
一方で、絆創膏で二重を作るのは危険な面もあります。

まぶたに粘着物を貼って強制的に二重にするため、まぶたに刺激を与えてしまうのです。

まぶたの皮膚は非常に薄くデリケートなので、繰り返すことで皮膚へのダメージが蓄積され、まぶたが伸びてきてしまうかもしれません。

そうすると、余計に腫れぼったいまぶたになってしまうのです。

また、人によっては長時間つけているとかゆみ、かぶれなどがある場合もあります。

絆創膏は肌に貼れるものだからと過信しすぎず、絆創膏で二重を作ることの危険性も理解したうえで無理せずに行ってくださいね。

夜に絆創膏を貼って二重が定着する?

夜に絆創膏を貼って二重が定着する?
夜寝る前に絆創膏で二重を作ることで定着する可能性もあると言われています。

ただ、絆創膏で二重を定着させたいからと毎日毎晩絆創膏を貼っていたら皮膚へのダメージが大きくなるうえに、寝ているうちに目をかいてしまって絆創膏が目に入り目が傷つく可能性もあります。

二重を定着させるために夜に絆創膏を貼りたい場合も、注意しながら行ってくださいね。

二重作りにおすすめの絆創膏

二重作りにおすすめの絆創膏

最後に、二重を作るための絆創膏の選び方や、おすすめの絆創膏を紹介します。

絆創膏の選び方は?

では、二重まぶたを作るのに適した絆創膏は一体どんなものなのか紹介していきます。
以下のような絆創膏を選ぶと良いでしょう。

 

・伸びの良いもの
・生地の薄いもの
・色は茶色または透明

 

伸びの良いものを選ぶ理由は、伸ばして貼って皮膚に食い込ませ二重まぶたを作るため、生地の薄いものは食い込みやすく二重まぶたにしやすくするため、色は貼ってもなるべく目立たないようにするためです。

そうでない絆創膏を選ぶと二重ができにくかったり、違和感を覚えたり、二重にしてます感が強くなったりするので、ぜひ上記の3つを選ぶ基準にしてみてくださいね。

絆創膏で二重を作る!おすすめは?

続いては絆創膏で二重を作るのにおすすめのアイテムを紹介します。

 

バンドエイド 肌色タイプ スタンダードサイズ|ジョンソンエンドジョンソン

ジョンソンエンドジョンソンの「バンドエイド 肌色タイプ スタンダードサイズ」は、肌に馴染む肌色透明タイプの絆創膏です。

目立ちにくいうえに、長時間貼っていてもはがれにくいため、おでかけのときにもはががれる心配なくつけられるでしょう。

バンドエイド 肌色タイプ スタンダードサイズ(50枚入)【バンドエイド(BAND-AID)】[絆創膏]

 

救急バン|エルモ

エルモの「救急バン」は、100枚入りで100円ほどとコストパフォーマンスが高い絆創膏です。

絆創膏での二重に挑戦してみたい人や、まだ上手く行かない人も大容量のため、気兼ねなくチャレンジできるでしょう。

肌色なのでまぶたに貼っても目立ちにくいのも嬉しいポイントですね。

created by Rinker
¥119 (2024/04/12 21:59:37時点 楽天市場調べ-詳細)

絆創膏でも二重は作れる!肌にダメージを与えないように注意しよう

ちょっとコツを押さえれば、私たちに身近な絆創膏で二重は作れます。

ただし、絆創膏を使って毎日のように二重を作ったり、寝ているときもずっと貼っていたりすると、皮膚へのダメージが蓄積され、まぶたがさらに重くなることもあります。

そのため、自分の肌に合うかどうか確認したり、とるときは優しくはがしたりして、なるべく肌に負担をかけないように注意しましょう。