黄ニキビは潰す?自然に治す?正しい治し方や治る期間も解説!

黄ニキビは潰す?自然に治す?正しい治し方や治る期間も解説!

目次開く

黄ニキビは潰すのは良いのか、自然に治るのを待った方が良いのかと迷った経験がある人も多いでしょう。

膿が溜まった状態で痛いうえに目立つ黄ニキビは、一刻も早くどうにかしたいですよね。

黄ニキビができると気になって潰したくなりますが、実は潰すと炎症が酷くなったり痕跡が残ったりすることも。

今回は黄ニキビについて、潰すべきでない理由やできる原因、治る期間、治し方などを解説します!

黄ニキビでお悩みの人はぜひ参考にしてみてくださいね!

黄ニキビとは…膿が溜まったニキビ

黄ニキビとは…膿が溜まったニキビ

黄ニキビとは黄色い膿が溜まった状態のニキビのことをいいます。
黄ニキビは、【白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ】というようにニキビの進行状況でいうと1番最後の状態です。

ニキビの進行状況

そもそも、ニキビができる原因は何らかの要因で毛穴が詰まって、皮脂がたまること。
進行していくにつれて皮膚表面での見え方も変わるのです。

ニキビの最初の段階は白ニキビといわれる白い盛り上がりとなります。
次に毛穴の表面部分が酸化して黒くなる黒ニキビ、さらに毛穴の中で細菌が繁殖して炎症が進むことにより赤く腫れ上がった赤ニキビへと進行していきます。
そして、菌と戦った白血球の死骸が集まって溜まり、膿となったものが黄ニキビとなるのです。

黄ニキビは潰すのNG!

黄ニキビは潰すのNG!

綺麗に治したい・なるべく早く治したいなら黄ニキビは潰すべきではないです

黄ニキビを潰すと炎症が酷くなるだけでなく、痕跡にもなりやすいといわれています。

黄ニキビは、放置しておけばいつのまにか消える場合も稀にあるようですが、黄ニキビというものは炎症がかなり進んだ状態なので、放置するだけだと早くは治らないことがほとんど。
黄ニキビを放置したままだと、紫外線などで悪化する可能性も出てきます。

悪化させないためにも、黄ニキビができたら潰すのではなくできるだけ早く皮膚科で診てもらうようにするのがベストです。

皮膚科での治療は膿を押し出すことも

ニキビが原因で皮膚科にかかったことのある人のなかには、病院でのニキビ治療で、物理的に膿を押し出す治療をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

皮膚科では、ニキビに医療用の細い針で穴を空け、そこからなかの皮脂や膿を押し出す「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」と呼ばれる治療をするケースもあります。

ただしこの治療を安全に行うには専用の医療器具を用いる必要があります。

 

自分で無理に膿を押し出そうとすると、周辺の肌まで傷つけてしまったり、雑菌が入って炎症してしまう可能性があるため、セルフで行わないようにしましょう。

黄ニキビから膿が出てきたときの対処法

黄ニキビから膿が出てきたときの対処法

黄ニキビは潰すべきではないですが、間違えて潰してしまい膿が出てきてしまうことも。
ここでは、黄ニキビが潰れてしまい膿が出てきたときの対処法について解説していきます。

患部を触らない

黄ニキビが潰れて膿が出てきたら、患部は絶対触らないようにしましょう

潰れて膿が出るということは、かなり炎症が進んでいる状態。
なので、触ってしまうと手について雑菌が入り込んだり、刺激を与えて更に悪化する可能性があります。

患部を清潔にする

潰れた黄ニキビから膿が出てきたら、患部を清潔に保つことが大切です。

まずは清潔なコットンなどで優しく綺麗に拭き取りましょう。

次に洗顔をしますが、水や熱いお湯よりも30度前後のぬるま湯で、ゴシゴシと強く洗わないで優しく洗いましょう。

洗顔のあとは清潔なタオルで、強くこすらず上から軽く抑えるようにして水気を拭き取ります。

なお、洗顔の回数は1日2回くらいがちょうど良いでしょう。

保湿する

洗顔後はしっかりと保湿していきます

乾燥もニキビの原因になるといわれているため、化粧水や乳液で保湿をしてあげましょう。

このときに刺激の強いものを使わず、比較的低刺激なニキビ肌用・敏感肌用と記載されているタイプの化粧水やクリームがおすすめ。

保湿は洗顔後だけでなく、日常でも随時心がけてくださいね。

紫外線を避ける

紫外線は黄ニキビに対して良くない刺激を与えます

洗顔と保湿が終わったら、外に出るときはつばの広い帽子をかぶったり、日傘をさしたりして紫外線を避けるようにしましょう。

絶対日焼けしない方法5選!顔や腕などパーツ別の対策すすめケアアイテムも紹介

黄ニキビが鼻の近くにできやすい原因

黄ニキビが鼻の近くにできやすい原因

黄ニキビといえば、鼻の横や鼻の下などによくできるイメージがありますよね。

顔の中心にある鼻周りに黄ニキビができると、目立ってしまうため潰したくなるという人も多いはずです。

ではなぜ鼻の近くに黄ニキビができるのでしょうか。

鼻の下など鼻周りは皮脂分泌が盛んで毛穴が詰まりやすい場所です。
毛穴の汚れも落としにくい場所であるため、鼻の下に黄ニキビができやすくなります。

しかし、鼻の下にできる黄ニキビは毛嚢炎(菌が感染し皮膚の内部に膿の溜まる皮膚の病気)の可能性も高いので気になる人は、一度皮膚科で診てもらうと良いでしょう。

黄ニキビが治る期間はどれくらい?

黄ニキビが治る期間はどれくらい?

黄ニキビは治るまで1週間以上かかる場合が多いようです。もとの綺麗な状態に戻るには1ヶ月以上かかることも。

また、潰したり自己流の間違ったケアをした人と、きちんとしたケアをしたり皮膚科で治療を受けた人とでは、直る早さに大きく差が出てくるといわれています。そして後者のほうが、黄ニキビが治る期間は断然短いでしょう。

また、睡眠や食生活やストレス、ホルモンバランスなどの要因も、黄ニキビが治る期間に影響を及ぼすといわれています。要は、黄ニキビの治る期間は、自分次第で短くもなり長くもなるということです。

黄ニキビが治る期間を早める方法は?

黄ニキビが治る期間を早める方法は?

黄ニキビが治る期間を早める方法は、皮膚科で専門医の治療を受けることが1番ですが、同時に正しいケアと規則正しい生活習慣を心がけることがとても大切になってきます。

先に述べたように、黄ニキビに対する基本のケアは患部を清潔にして保湿を行い、紫外線を避けること。
次に、日常生活ではバランスのとれた食事としっかり睡眠を取ることです。

栄養面では、豚肉などに多く含まれているビタミンB群、柑橘類に多く含まれているビタミンC、ナッツ類に多く含まれているビタミンEを積極的に摂取するなど、バランスの取れた食事を心がけましょう。

黄ニキビが治る期間を少しでも早めたいのであれば、潰すのはもってのほか。
不摂生をやめてバランスのいい食事や規則正しい生活を心がけて生活習慣を変えるようにしましょう。

黄ニキビに効く薬ってあるの?

黄ニキビに効く薬ってあるの?

黄ニキビの悪化を防ぐような効き目がある薬はあるのでしょうか。塗り薬の他に、飲み薬や漢方薬もあるのか、知りたいですよね。

黄ニキビの薬は3種類

黄ニキビの薬は、大きく分けると以下の3種類あります。

  • 塗り薬…皮膚科で出される塗り薬は、専門医により処方された薬なので効果が期待できます。市販薬の塗り薬については使用方法をしっかり守ることが大切。
  • 飲み薬…皮膚科では抗生物質や抗菌剤のほか、ビタミンB群やビタミンC、ビタミンEなどのビタミン剤も処方されること。
  • 漢方薬…桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)、清上防風湯エキス顆粒(セイジョウボウフウトウ)が、からだの内側から改善する漢方薬として知られています。

黄ニキビに効果が期待できる市販薬はある?

ニキビ肌用の市販薬も販売されています。

しかし、黄ニキビはニキビの中でも炎症がかなり進んだ状態ですので、市販薬では抗菌成分が足りなかったり、自分の肌に合わないものだったりして、効果が得られない可能性もあります。

また、市販薬で効果が期待できるのは、黄ニキビになる前の白ニキビや黒ニキビの段階だといわれています。

ニキビの進行を食い止めるために、早めの段階で市販薬を使うのには良いかもしれませんね。

黄ニキビに「オロナイン」は効果あり?

黄ニキビに効く薬ってあるの?

ニキビに効果があることで知られている「オロナイン」は、黄ニキビにも効くのか気になるところです。

オロナインは傷や火傷、しもやけなどのときに塗る皮膚用の抗菌軟膏剤としてよく知られています。用途が多く公式サイトでは効果効能に「にきび」と記載されていて、古くから一般家庭で使用されています。

オロナインの主成分はクロルヘキシジングルコン酸というものです。その、クロルヘキシジングルコン酸は殺菌作用だけでなく、保湿の役割もあるとされるため、黄ニキビを防ぐのに必要な効果が期待できます。

しかしオロナインも黄ニキビになってしまってからでは効果は期待できない可能性があります。ニキビの初期から悪化しないように使っていきましょう。

 

名称 オロナインH軟膏 (医薬品)
分類 第2類医薬品
メーカー 大塚製薬
ブランド オロナイン(Oronine)
効果・効能 ニキビ・吹出物・はたけやけど(軽いもの)・ひび・しもやけ・あかぎれ・キズ・水虫(じゅくじゅくしていないもの)たむし・いんきん・しらくも
成分 ◎ 有効成分(1g中)
クロルヘキシジングルコン酸塩液(20%):10mg◎ 添加物
ラウロマクロゴールポリソルベート80硫酸Al/Kマクロゴールグリセリンオリブ油ステアリルアルコールサラシミツロウワセリン自己乳化型ステアリン酸グリセリル香料精製水
created by Rinker
¥262 (2024/04/13 06:31:16時点 楽天市場調べ-詳細)

黄ニキビは潰すのではなく皮膚科で診てもらおう!

黄ニキビができたら皮膚科に行こう

黄ニキビは存在感が大きいため、いち早くどうにかしたい気持ちはわかりますが、潰したり、自己流の対処法を行うことでことでかえって治りを遅くしたり、痕に残してしまったりするかもしれません。
きちんと治すなら、専門医のいる皮膚科や美容外科に行くことをおすすめします

膿が出たあとは穴状の痕が残るケースもあるので、黄ニキビは皮膚科を受診して専門の薬を処方してもらうのが確実でしょう。

皮膚科、もしくは美容外科では黄ニキビの痕が残らないような処置をしてもらえるところもあります。

ニキビも病気と同じで早期発見、早期治療が大切なので、黄ニキビができたら早めに皮膚科に行きましょう。

黄ニキビ潰すのNG!早く治したいなら皮膚科にかかるようにしよう

黄ニキビは潰すべきではありません。

目立つうえ痛みやかゆみを伴うのでとても辛いため、早くどうにかしたい気持ちから潰してしまう人もいますが、炎症を起こしたり痕が残ってしまったりするため、触らないで清潔に保っておくことが大切です。

また、なるべく早く治したい人は、皮膚科で診てもらうのが良いでしょう。

女性にとってニキビ肌は悩みのタネ。できればニキビを作らないよう、日頃からきちんとケアをしたり栄養バランスを整えたりして、美肌を維持していきましょう!

ニキビを上手に隠す方法!きちんと隠せるメイク方法&おすすめコンシーラー8選