高校生でも脱毛できるの?脱毛してる人の割合や注意点、メリットデメリットも解説

高校生でも脱毛できるの?脱毛してる人の割合や注意点、メリットデメリットも解説

目次開く

この記事では、Popteen(ポップティーン)が行ったZ世代向けの独自アンケートをもとに、脱毛している高校生はどれくらいいるのかなど「高校生の脱毛事情」を紹介します!

どの部位が人気なのか、どうやって脱毛しているのかなど、高校生の生の声を紹介するので、「毛深くて悩んでいる…」「脱毛したいけど一歩踏み出せない」という人はぜひ参考にしてくださいね。

高校生でもサロン・クリニックで脱毛できる!

高校生でもサロン・クリニックで脱毛できる!

高校生はサロンやクリニックでも脱毛することが可能です。

技術的には何歳でも脱毛することができるため、高校生だからといって脱毛できないということはありません。

ただし、基本的に18歳未満の未成年が1人で受診することはできず、保護者の同意が必要になります。

同意書を書いてもらうほか、サロン・クリニックによっては保護者が同席する必要がある場合も。

18歳以上であっても、高校を卒業するまでは保護者の同意がいることが多いですが、サロンやクリニックごとにルールが変わるので、事前に良く確認しておきましょう。

高校生の脱毛事情を徹底調査!

高校生の脱毛事情を徹底調査!

高校生でもサロンやクリニックで脱毛することはできますが、実際に脱毛している高校生はどれくらいいるのでしょうか。

Popteen(ポップティーン)の独自アンケート結果をもとに、高校生の脱毛事情を紹介します。

高校生の約30%が脱毛したことがある

アンケートに参加した高校生のうち、約30%が脱毛の経験があると答えています。サロンやクリニックだけでなく、家で脱毛しているというパターンも。

ムダ毛を剃刀などで表面的にケアする方法は、お金をかけずに自分で処理できるので行っている高校生も多いです。

しかし、サロンやクリニックでお金をかけたり、家庭用脱毛器を購入して脱毛している高校生は少数派なようですね。

高校生には「脚・脇・腕」の脱毛が人気

実際に脱毛している高校生に「どこを脱毛しているのか」を聞いてみました。

高校生には「脚・脇・腕」の脱毛が人気で、3つとも同じくらいの割合となっています。

お腹やvioの脱毛をしている人は全体の1%ほどしかおらず、他人から見えやすい部位を優先的に脱毛している高校生が多いようですね。

また、全身の脱毛をしている高校生もかなり少なくなっています。全身ケアするのは時間もお金もかかるので、高校生にはなかなか難しいのかもしれませんね。

自宅で脱毛器を使ってムダ毛処理してる高校生が多い!

脱毛といえばエステやクリニックのイメージが強いですが、高校生の場合は少し異なります。

エステやクリニックで脱毛している人はそれぞれ15%前後。それなりにお金がかかるため、高校生のお小遣いやバイト代では通いにくいですよね。

高校生の脱毛方法としてもっとも多いのが、自宅で脱毛器を使うという方法でした。

最初に脱毛器を購入すれば繰り返し使えるため、エステやクリニックで行うよりもリーズナブルに脱毛することが可能になります。

脱毛以外の方法では、剃刀や毛抜き、除毛剤を使用している高校生も多くいました。

高校生が脱毛しない理由は、やっぱり「お金」

脱毛していない高校生に理由を聞いてみたところ、多かったのが「お金がかかる」ということでした。

「お金がない」「高い」と感じている高校生が多く、「高校を卒業してお金が貯まったらする」と決めている人もいるようです。

また「親に反対される」といった理由も多くあります。「親が厳しい」「親の許可が下りない」などは、同意が必要になる高校生ならではの悩みですね。

ほかにも「どのお店がいいか分からない」といった人や「そこまで困ってないから」という人もいて、さまざまな理由で脱毛をしないことが分かります。

【脱毛をしない理由】

  • 怖いし、高いし、親に言えない(石川県・高校2年生)
  • 親にしたいって言ったんだけど、なかなかやらせてもらえてない(東京都・高校2年生)
  • 値段が高い。バイトで、お金が貯まれば行く予定です!(兵庫県・高校2年生)
  • 大学生になってからでもいいかなと思うから(大阪府・高校3年生)
  • 一日暇って言う時間がなくて行きにくい(福岡県・高校1年生)
  • 近くに脱毛できるととこが無いのと痛そう(埼玉県・高校1年生)

高校生が知っておきたい脱毛の基礎知識

高校生が知っておきたい脱毛の基礎知識

高校生のなかには「どこで脱毛するのが良いか分からない」「怖そう」「値段が高そう」といった理由で脱毛をしていない人もいます。

脱毛の方法や種類・料金・効果について正しい知識を知ることで、自分に合った脱毛方法を見つけることができますよ。

【方法】高校生ができる脱毛の方法

脱毛には、自分でやる方法とサロンなどで施術を受ける方法があります。

自分でやる方法は、主にこの5種類です。

  • 毛抜き…ピンセットを使い、1本1本毛を毛根から引き抜く方法。
  • 除毛クリーム…毛を溶かす成分が入ったクリームを肌に塗り、しばらく待ったあと洗い流す方法。
  • ワックス…脱毛専用のワックスを塗った上からシートを貼り、乾いてから一気に剥がして毛を抜く方法。
  • 脱毛テープ…脱毛専用のシートを肌に密着させ、一気に剥がす方法。
  • 家庭用脱毛器…自宅で使える脱毛器を使い、サロンのようにレーザーや光などで脱毛する方法。

施術を受ける場合は、専門のサロンやクリニックに行って脱毛してもらいます。
レーザーや光を使って、毛根にアプローチします。

  • 光脱毛…エステサロンで多く行われている脱毛方法。脱毛したい部位に、黒い色素に反応する光を照射する。
  • 電気針脱毛(ニードル脱毛)…毛穴に電流を流し、毛根から死滅させ脱毛する方法。永久脱毛効果があり、産毛や白髪にも対応可能。
  • 医療レーザー脱毛…黒い色素に反応するレーザーを照射する方法。出力の高い機器を使用するため、クリニックなどの医療機関でしか受けられない。

【種類】サロン脱毛と医療脱毛の違い

施術を受けて脱毛する際に、受けられるお店が多く迷ってしまいますよね。主に脱毛が受けられる場所は、「サロン」と「クリニック」に分かれます。

サロン脱毛と医療脱毛には、このような違いがあります。

  サロン脱毛  医療脱毛 
効果  また生えてくる可能性あり  永久脱毛 
期間・回数  約2~4年 

12~24回ほど 

約1~1年半 

5~8回ほど 

料金  約25~55万円  20~50万円 
痛み  弱い痛み  施術方法によっては強い痛みを感じる場合がある 

(※医療脱毛クリニックによっては麻酔を使える) 

施術者  エステティシャン 

資格が無くてもOK 

医師や看護師 

有資格者のみ 

肌トラブル対応  店舗では対応できない  店舗で薬を出してもらえる 

サロン脱毛と医療脱毛の1番の違いは、永久脱毛できるかどうかです。

毛根を破壊するという行為は基本的に「医療行為」にあたります。
そのため、毛根を破壊する脱毛の背術は医療機関である医療脱毛クリニックのみでしか受けることはできません。

そのため、医療脱毛で施術を受ければ半永久的に脱毛効果が続きますが、サロン脱毛では定期的に通い続けなければまた生えてくる可能性があります。

また、医療脱毛は出力の高い機器で脱毛するため、サロン脱毛に比べて期間や回数が少なくなります。長く通えばその分費用もかかってしまいますよね。

しかし、サロン脱毛は1回の費用が安かったり、出力が低い分医療脱毛より痛みを感じにくかったりなどのメリットもあります。
店舗数も多く、通いやすいというのも忙しい高校生にとって嬉しいポイントですよね。

サロン脱毛と医療脱毛それぞれにメリット・デメリットがあるので、よく理解したうえで決めましょう。

【料金】脱毛にかかる料金の目安

脱毛にかかる料金は、サロンやクリニックごとに異なります

一般的にサロンで全身脱毛を6回受けたときの料金を比較してみました。 

  全身脱毛(6回)  1回あたりに換算した料金 
ミュゼプラチナム  445,380円 

→特別価格111,342円 

74,230 

→特別価格18,557 

エステティックTBC  204,600円  34,100 
銀座カラー  59,400円  9,900 

クリニックで全身脱毛を受けた場合は、このような料金になります。

  全身脱毛(5回)  1回あたりに換算した料金 
じぶんクリニック  67,800円  13,560 
リゼクリニック  178,750  35,750 
アリシアクリニック  70,400円  14,080 

各サロン・クリニックによって顔・VIOを含むかどうかなども変わってくるので、一概に料金が高い・安いとは言えません。

また、高校生なら学割が用意されているパターンが多いです。通常よりもリーズナブルなプランになるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

※すべて2023年11月現在の料金です。料金は変更になる可能性があるので詳しくは公式サイトをご確認ください。

【効果】脱毛してから効果が続く期間

サロン脱毛と医療脱毛では、効果が続く期間が大きく異なります。

医療脱毛は高出力の機器を使用するため、毛根から破壊して半永久的な脱毛が可能です。
人によって効果に差はありますが、10年以上経っても毛が生えてこない状態が続く可能性が高いでしょう。

サロン脱毛は、永久脱毛の効果はないため、通うのをやめればまた毛が生えてきます。
脱毛が完了してから再び施術をしないと元に戻ってしまいますが、2~3年ほどは効果が持続すると言われています。

【選び方】脱毛サロン・クリニック選びのポイント

脱毛サロンやクリニックは、非常にたくさんの店舗があり、迷ってしまう高校生も多いですよね。
どこのサロン・クリニックにすればいいのか、選び方のポイントを紹介します。

【高校生が脱毛サロン・クリニックを選ぶポイント】

  • 学割がある
  • カウンセリングをしっかり行っている
  • 予約が取りやすい
  • 家や学校に近い場所

高校生が通うなら、学割があるかどうかは大きなポイントです。
通常料金に比べ、リーズナブルな価格で施術を受けることができます。

また、カウンセリングを丁寧に行ってもらえるところだと、疑問や不安を解消できるでしょう。

脱毛サロンやクリニックには、豊富なメニューや支払い方法が用意されています。

場合によっては追加料金が発生し、予想外に料金が高くなってしまうパターンも。

カウンセリングで細かく聞いておけば、施術後のトラブルも避けられますよ。

脱毛は完了するまで定期的に通う必要があります。家や学校から近い場所にあれば、通うのが苦にならないのでおすすめです。

高校生が脱毛するメリット・デメリット

高校生が脱毛するメリット・デメリット

さまざまな種類や方法がある脱毛ですが、高校生にとってはメリットもデメリットもあります。

良いところも悪いところも知ったうえで、脱毛するかどうか決めましょう!

【メリット】割引で安く脱毛できる!

高校生が脱毛するメリットはさまざま。1番のネックである費用についても、学生であることで得られるメリットがあります。

【高校生が脱毛するメリット】

  • 学割で大人より安く脱毛できる
  • 自分で処理するより肌へのダメージが減る
  • 見た目が綺麗になって自分に自信がつく
  • いろんなファッションに挑戦できる

学割プランが用意されているサロン・クリニックであれば、大人よりも安い料金で脱毛が受けられるため、高校生のうちに脱毛するとお得です。

また、剃刀などで自己処理するよりも頻度が減るため、肌へのダメージを軽減することができます。

ムダ毛が綺麗になれば、コンプレックスが解消され自分に自信がつきます。
ノースリーブやミニスカート、ヘソ出しファッションにだって挑戦することができますよ!

【デメリット】脱毛してもまた生えてくる可能性アリ

メリットがたくさんある脱毛ですが、高校生にとってデメリットもあります。

【高校生が脱毛するデメリット】

  • 脱毛してもまた毛が生えてくる可能性がある
  • 脱毛が完了するまで通い続けなければいけない
  • 敏感肌の人は肌トラブルに注意

高校生の体は成長期の真っ只中。毛を生やしたり濃くしたりするホルモンである「テストステロン」が豊富に分泌されます。

ほかにも細胞分裂が活発なことや毛周期が安定していないこともあり、1度脱毛が完了した部位でも、また毛が生えてくる可能性があるのです。

大人に比べて高校生は肌がデリケート。脱毛は肌への刺激となります。特に敏感肌の人は、肌トラブルに注意が必要です。

高校生が脱毛するときの注意点

高校生が脱毛するときの注意点

高校生が脱毛するとき、どのような点に気を付ければよいのでしょうか。注意点をまとめました。

サロンやクリニックなら保護者の同意を得てから

どこのサロンやクリニックでも、18歳未満の未成年は保護者の同意が必要になります。
同意書だけで済む場合もあれば、カウンセリングや施術に同席してもらう必要がある場合も。

18歳以上の高校生でも、1人では脱毛施術を受けられません。必ず来院前にチェックしておきましょう。

高校生が脱毛しない理由でも紹介した通り、保護者の反対に会う可能性もあります。
高校生は基本的に保護者の同意が必要になるので、脱毛したいという強い意志をきちんと伝えることが大切です。

真剣さを伝えるために、なぜ脱毛が必要なのか、どのサロン・クリニックで受けようと思っているのか、料金はいくらくらいでどうやって払う予定なのかなど、きちんと調べた上で説得しましょう。

脱毛前は日焼けしないようにする

サロンやクリニックで使用する機器は、毛の黒い色素に反応して脱毛しています。
そのため、日焼けして肌が黒くなった状態では、脱毛してもらうことはできません。

脱毛前にはUVケアをしっかりと行い、日焼けしないように気をつけましょう。特に外で部活をする高校生は要注意です。

生理中は避けたほうがいい

生理中でも脱毛できないわけではありませんが、できるだけ避けたほうがいいでしょう。

生理中はホルモンバランスが乱れ、痛みや肌トラブルに対し敏感になっている状態。通常よりも脱毛によるダメージを感じやすくなっています。
また、免疫力も低下しているので、感染症にかかるリスクも高くなります。

脱毛は生理が終わってから、万全の体調のときに行うようにしましょう。

高校生でも脱毛はできる!親の同意を得てからカウンセリングを受けてみよう!

方法はさまざまですが、高校生の約30%が脱毛をした経験があるということが分かりました。

自宅で家庭用脱毛機や毛抜きなどを使って脱毛すれば、比較的費用を抑えて行えますが、永久脱毛をすることはできず、地道な作業が続きます。

高校生でもサロンやクリニックで脱毛を受けることは可能です。費用がかかるうえに忙しくて通えないかもしれませんが、学割で安く施術を受けられるので、学生のうちに脱毛をしておくのもひとつの手です。

親の同意を得られないと脱毛できないので、相談してからカウンセリングを一緒に受けてみるのがおすすめですよ。