彼氏ってどうやって作ればいいの?「彼氏の作り方」を徹底解説

彼氏ってどうやって作ればいいの?「彼氏の作り方」を徹底解説

目次開く

周りの友達に次々と彼氏ができ始めると、「私も彼氏が欲しい」と思うことありますよね。

「彼氏ってどうやって作ればいいの?」と疑問に思っている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、「彼氏は欲しいけど、作り方が分からない」という方に向けて、彼氏の作り方を徹底解説します。

彼氏ができない原因はなに?

彼氏ができない原因はなに?

まずは、彼氏ができない人によくある原因を5つ紹介します。

自分に当てはまるものがないか、チェックしてみてくださいね。

男性の理想が高い

彼氏ができない原因として、理想が高くて、誰と出会っても「この人はタイプじゃない」と拒否をしている点が挙げられます。

学校やバイト先で出会う男性に対して、「この人とは合わない」「こういう男性はちょっと」とすぐにダメ出しをしていたら、結果的に理想が高くなってしまいますよね。

 

「彼氏は欲しいけど、いいと思える人に出会わない」という人は、彼氏に求める条件が多すぎるのかもしれないと振り返ってみてくださいね。

毎日忙しく過ごしている

毎日友達と遊びにでかけたり、休日も部活で忙しかったり、スケジュール帳が予定でびっしり埋まっているタイプの人は、彼氏ができにくい傾向にあります。

彼氏を作るには、相手のために使う時間が必要です。

LINEをする、デートをする、2人で会って話すといった時間がとれないと、恋に落ちる隙もありません。

 

なにかに熱中している人は周りから見て魅力的に映りますが、同時に「忙しそうだから遊びに誘うのはやめよう」と出会いのチャンスを潰す原因にも。

彼氏が欲しいときは、スケジュールに空きを作っておきましょう。

彼氏がいなくても充実している

「彼氏が欲しい!」と言ってはいるものの、実は今、「彼氏がいなくても充実してる」という人もいませんか?

 

彼氏がいなくても充実した毎日を送っている場合、無理に彼氏を作る必要はないかもしれません。

彼氏がいてもいなくても、楽しい毎日が送れればそれでOKという考え方も素敵ですよね。

 

ですがもし彼氏を作ると決めたのなら、出会いを探したり、気になる人へアピールしたりなど、積極的に動くことが大切です。

出会いがない

彼氏ができない原因は、出会いがない環境が影響しているかもしれません。

たとえば、クラスや職場には女性ばかりといった場合、自然に男性と出会うのは難しいでしょう。

 

自分から出会いの場に足を運ぶなど、積極的に行動をしなければ、彼氏はなかなかできません。

まずは積極的に合コンに参加したり、知り合いに男性を紹介してもらえるように頼んでみたりと、出会うための行動をしてみましょう。

男性を意識しすぎている

彼氏が欲しいと焦るあまり、出会う男性全員を恋愛対象として意識しすぎるのも彼氏ができない原因の一つです。

相手を意識しすぎると、自然体で接するのが難しいですよね。

自分を良く見せようと張り切ったり、恋愛対象として見ると恥ずかしくて避けてしまったり、マイナスの行動が出てしまいがちです。

 

彼氏が欲しいと強く思うと意識してしまいますが、最初は「友達になろう」くらいの気軽な気持ちで接すると、仲良くなりやすいですよ。

彼氏を作るメリットは?

彼氏を作るメリットは?

彼氏を作るメリットは、以下の通りです。

  • 毎日が充実する
  • 気持ちが安定する、
  • 自分を好きになる

など

デートをしたり、LINEなどでやりとりをしたりしていると、毎日が楽しくなりますよね。

また、彼氏から愛されることで自然と心が落ち着いていき、「好きだよ」と好意を伝えられることで自己肯定感が高まることにもつながります。

恋愛は必ずしなければいけないものではありませんが、それでも彼氏という存在が自分を高めるきっかけにもなりますよ。

 

実践!彼氏の作り方5つの手順

実践!彼氏の作り方5つの手順

「彼氏がいない!」「彼氏が欲しい!」という人は、行動あるのみ!
ここからは、彼氏の作り方として5つの手順を紹介します。

自分を磨く

まずは自分磨きから始めましょう。
彼氏を作るにも、清潔感がなかったり、姿勢が悪かったりすると、なかなか男性は近づいてきません。

中身が大事とはいわれますが、自分自身を知ってもらうためにも外見を整え、第一印象をアップさせるのが重要です。

自分磨きの方法は、以下の記事を参考に取り組んでみてくださいね。

「清潔感」とは?意味や清潔感のある人の特徴、清潔感の出し方を紹介

高校生向け!見た目も中身も可愛くなる方法を紹介

出会いの場へ行く

彼氏を作るには、出会いの場へ行くことが大切です。

何もせずに出会えるなら、既に彼氏はいるでしょう。今までの環境で彼氏ができなかったのならば、新しい環境へ身を置くのがおすすめです。

趣味の場やバイト、塾、カルチャー教室など、新しい出会いの場へ訪れてみてください。

SNSでも知り合うことはできますが、ネット上ではリアルでの出会いより注意が必要です。

なかには騙そうとして出会いを求める人もいるので、安易に信用し、会いに行かないようにしましょう。

相手の良いところを見つける

男性に出会ったら、相手の良いところを見つけるのが、彼氏の作り方のポイント。

相手の良いところが見えないと、なかなか好意も持てないですよね。欠点ばかり見てしまうと、好きになるのも難しいでしょう。

彼氏がいる人は、男性の良いところを見つけるのが上手です。

「話をよく聞いてくれる」「服のセンスが良い」「声が聞いていて落ち着く」など、些細なことでも「いいな」と思うポイントを見つけてみてください。

自分から積極的にアピールする

彼氏を作るなら、待ちの姿勢はNGです。待つだけで彼氏ができるのは、あまりあることではありません。

いいなと思う人がいて、そばにずっと立っていたら、突然やってきた別の女性がその人と仲良くなって「LINE交換しようよ!」と連絡先の交換をするかもしれません。
自分から動く人ほど、チャンスを掴めるのです。

気になる人ができたり、いいなと思う人がいたりしたら、自分から話しかけてみてくださいね。
また会いたいと思ったら、連絡先も聞くようにしましょう。

デートに行く

自分から動ける人ほど、彼氏を作りやすいのは前述したとおりです。
デートに行きたいと思ったら、自分から誘うのがベスト。

デートに誘って断られたらどうしようと悩む人もいるかもしれませんが、男性も同じく「デートに誘って断られたら嫌だ」と思って動けない可能性があります。
なので、自分から「デートに行こう」と誘うことで男性も「自分からデートに誘っても受けてくれそう」と思い、安心するのです。

「この映画○○くんと観てみたいと思ってたんだけど、好き?」「SNSで話題のあの場所、行ってみようよ!」など『デート』という言葉を使わずに遊びに誘うのでもOKですよ。

デートの場所に悩む場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

デート場所が決まらない!高校生カップルにおすすめのスポット14選

 

彼氏の作り方・出会い方【高校生編】

彼氏の作り方・出会い方【高校生編】

ここからは、彼氏の作り方を紹介します。

まず、高校生が彼氏を作るときの方法です。「高校生になったら自然と彼氏ができて、素敵な恋ができるんだろうな」という憧れを抱いていた人も多いでしょう。

ですが、高校生になっても、自然な出会いを待つだけで自分から行動を起こさないままだと、なかなか彼氏はできません。

高校生が彼氏を作るには、なるべく多くの人と接点を持って、たくさん話すことが重要です。

知り合いが増えるとそこから恋愛に発展する可能性があるほか、コミュニケーション能力も磨かれていきます。

 

また、「彼氏が欲しいんだ」とアピールすることで「彼氏が欲しいなら、他校の知り合いと合コンする?」「いい人がいるから紹介するよ」と出会いのチャンスが訪れるようになります。

もちろん、自分磨きも重要です!素敵な人と出会っても、相手から魅力的だと思われなければ、恋愛につながりません。
「明るくてよく笑う」や「人の悪口を言わない」「礼儀正しく、自分の意見をしっかり言える」などが、モテる高校生の特徴です。

 

高校生のモテポイントを身につけて、気になる人に出会ったときは、積極的にアピールしていきましょう。

さらに詳しく彼氏の作り方や出会い方を知りたい高校生は、こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

【高校生向け】彼氏の作り方を徹底解説!できない原因や出会いの場所は?

 

彼氏の作り方・出会い方【大学生編】

彼氏の作り方・出会い方【大学生編】

大学生になると、出会いの場が広がります。

同じゼミの人やサークル仲間、バイト先の先輩など、身近にいる相手はもちろん、合コンでの出会い、SNSやオンラインゲームでの知り合いも増えていくでしょう。

大学生が彼氏を作るには、気になる相手を見つけたら、積極的にアピールすることが大切です。

 

また、大学生が彼氏を作るときは、スケジュール管理も重要なポイントです。

「休みは友達と遊びに行く予定がぎっちり詰まっているから出会いがない」「講義やバイト、家事などで予定は埋まっている」といったように、毎日忙しく過ごしていると、彼氏を作る時間がなくなってしまいます。

 

大学の講義やバイト、友達付き合いももちろん大切ですが、彼氏を作ってプライベートを充実させたいときは、うまく空き時間を作っていきましょう!

 

彼氏の作り方・出会い方【社会人編】

彼氏の作り方・出会い方【社会人編】

社会人になると、高校生や大学生のときよりも出会いが減って、彼氏を作りにくいと感じる人も多いのではないでしょうか。

結婚を意識し始める時期でもあり、「将来を考えられる相手に出会いたい」と理想も高くなりがち。

出会いがないのと理想が高くなることで、なかなか彼氏ができなくなってしまうのです。

 

まず、彼氏を作ろうと思うなら、完璧な理想の相手に出会うのを目標にしないようにしましょう。

相手のダメなところを見つけても、それが受け入れられる部分なら、欠点として見ずに個性として受け止めてみてください。

 

出会いが少ない場合は、マッチングアプリを利用して新しい出会いを探すのもおすすめです。

ただし、アプリだけで探して気になる人に出会うのも大変なため、アプリ以外の出会いとして合コンや人からの紹介もお願いしておくと良いでしょう。

 

彼氏を作る時の注意点は?

彼氏を作る時の注意点は?

彼氏の作り方がわかっても、すんなりと交際まで進まない場合があります。

実際に彼氏を作るときは、なにに注意しなければならないのか、4つの注意点をみていきましょう!

趣味に付き合ってみる

好きな人ができたときは、相手の趣味に付き合ってみましょう。

男性は自分の趣味を一緒に楽しんでくれる女性を大切にしたいと思う傾向があるため、趣味に付き合うことで仲を深められる可能性があります。

もし趣味が合わないと感じても、とりあえず付き合ってみることで共通の話題が増えて盛り上がったり、実際にやってみたら楽しかったりすることも。

一緒にいる時間を増やす

「この人と付き合いたい!」と思ったら、一緒にいる時間を増やしてみましょう。

よく顔を合わせていると、相手のことを知る時間が増えて、仲良くなりやすいですよね。

頻繁に一緒にいる2人がいつの間にか付き合っていたというのも、よく聞く話です。会う機会が少ない場合は、LINEで連絡を取り合うのも良いですよ。

大人数から始める

2人きりだと緊張しやすい場合は、大人数で集まることから始めてみましょう。

デートには誘えなくても、「みんなで遊園地に行こうよ!」とグループでのおでかけは誘いやすいですよね。

そのおでかけ先で、気になる相手と2人きりになってみたり、たくさん話しかけたりすると、少しずつ仲良くなれますよ。

友達を頼れるときは「あの人が好きなんだけど、2人きりになれるように協力して!」とお願いしてみましょう。

ヤリモク男を見分ける

ヤリモク男を見分ける

彼氏を作るときに最も注意しなければならないのは、ヤリモク男をしっかり見分けることです。

いわゆる体目当ての男性に引っかからないように、信用できる男性の見分け方を紹介します。

不快な下ネタを話さない

下ネタを不快に思う女性は多いですよね。男性も、仲良くない女性や大切にしたい女性に対しては、下ネタを避けて無難な話題を振ります。

しかし、ヤリモク男は下ネタを発することが多く、まったく関係のない話題であっても唐突に下ネタを絡めてきて、不快な思いをさせてくるでしょう。
下ネタに反応すると、「この人はガードが緩いな」と目をつけられてしまうので、注意してください。

デートの時間を気にする

デートの終わり時間を気にする人は、相手への思いやりがある人が多いです。

家の門限など時間を気にして、早めの解散を提案してくるでしょう。

一方、ヤリモク男は「帰れなくなってあわよくば…」と期待するため、あえて時間を気にせず、「そろそろ帰ろう」と言っても「まだ大丈夫」と帰宅時間を先延ばしにする傾向があります。

自分のことを知ってもらいたい

真剣交際を望む人は、相手に自分のことを知ってもらいたいと思って、「なにが好きか」「休日の過ごし方はどうか」「友人関係はどうだ」とたくさん自分のことを話します。

ですが、ヤリモク男はプライベートゾーンで問題を起こしたくないため、極力自分の情報は渡さないように注意していることが多いです。

自分のことはなにも話さない人間は、あまり信用しないほうが良いでしょう。

連絡先を教えない

道で声をかけてきたかっこいい人に、「ちょっと遊ぼうよ」と誘われた場合は注意してください。

ナンパしてその日だけ遊ぶ相手にしようと考えている可能性があります。

ナンパ系ヤリモク男は、LINEや電話番号などの連絡先を教えたがらないため、誘われたときは相手の住んでいる場所やバイト先、職場、名前などを聞いて、よどみなく答えるかで見分けると良いですよ。

はぐらかそうとするなら、どれだけイケメンでも「無理です」と断りましょう。

ヤリモクとは?ヤリモクの特徴や見分け方、撃退方法も!

彼氏の作り方にチャレンジして素敵な恋を始めよう

彼氏がほしくても、行動を起こさなかったり、出会いがなかったりすると、なかなか恋人はできないでしょう。

素敵な恋がしたいと思ったときは、今回紹介した彼氏ができない原因や彼氏の作り方を参考にしてみてください。